トップ 経済ニュース
経済ニュースEconomic News
熊本に特化した転職支援サービス、求人情報 | リージョナルキャリア熊本

「サンリー カリーノ菊陽」は3月オープンの予定・・・・カリーノ

 潟Jリーノ(熊本市中央区安政町、馬場英治社長)が改装を進めている大型商業施設「サンリー カリーノ菊陽」は、3月のオープンを予定している。
 同施設は菊池郡菊陽町の「サンリー菊陽ショッピングセンター」跡地で、昨年2月にキーテナントのイオン菊陽店が撤退したことから、施設の再開発に着手していた。敷地面積は約5万6千u、本館は鉄筋コンクリート造り3階建てで店舗の延べ床面積は約2万4750u、外部棟は10棟で、店舗面積は約2400u。テナント数は本館50店舗、外部棟10店舗の計60店舗で駐車場は1200台収容、総投資額は約25億円を見込んでいる。
 本館のキーテナントとしては1階に「ゆめマート」が出店し、飲食コーナーにはカリーノが運営する「シャトレーゼ」が入居する。2階は990uを超えるアミューズメント施設として「ふぇすたらんど」の入居を予定。そのほかドラッグストア、フィットネスクラブ、服飾・雑貨店、ペットショップなどのテナントの出店を調整している。同社が運営する郊外型大型商業施設としては山口県山口市の「サンパークあじす」、宇土市の「宇土シティモール」、玉名市の「カリーノ玉名」に続き4カ所目となる。
_くまもと経済 業界NAVI_:2021年1月29日発行 No.476

関連記事

powered by weblio



「くまもと経済」は昭和46年の創刊以来、『熊本』に密着した独自の特集記事や企業ニュース、人物 インタビューなど、毎号200以上の企業・団体の発展的な経済情報を掲載。業界や特定企業の動向を知る情報源として、また、事業展開のための情報・資料として、熊本のビジネスシーンで広く活用されています。

定価:1,892円/年間購読:19,000円

購読のお申込みはこちらから