トップ 経済ニュース
経済ニュースEconomic News
熊本に特化した転職支援サービス、求人情報 | リージョナルキャリア熊本

血管造影装置をリニューアル・・・・済生会熊本病院

 済生会熊本病院(熊本市南区近見5丁目、中尾浩一院長)は11月24日、治療体制強化の一環で血管造影装置のリニューアルを実施、キャノンメディカルシステムズ製のX線循環器診断システム「Alphenix Biplane」を導入した。
 今回のリニューアルによる性能向上で、従来より患部をより鮮明に確認でき迅速な診断が可能となり、発症から6時間以内が有効な治療が可能な時間帯とされる「急性心筋梗塞」治療成績向上が期待される。また、血管造影時の被ばく線量を低減(必要領域以外では通常透視の65%〜85%程度線量が低減)でき、被ばくによる術後の後遺症の発生を低減できるとしている。
 同院は、24時間・365日緊急カテーテル検査・治療可能な体制をとっており、心血管カテーテル検査・治療の年間件数約3千件、冠動脈カテーテル治療が同約800件で全国有数。日本インターベンション(心臓や血管、消化器などの疾患で、直径2〜3mm程度のカテーテルを皮膚に開けた穴から挿入して行う治療法)治療学会認定のインターベンション認定医・専門医数は県内最多。
_くまもと経済 業界NAVI_:2021年1月29日発行 No.476

関連記事

powered by weblio



「くまもと経済」は昭和46年の創刊以来、『熊本』に密着した独自の特集記事や企業ニュース、人物 インタビューなど、毎号200以上の企業・団体の発展的な経済情報を掲載。業界や特定企業の動向を知る情報源として、また、事業展開のための情報・資料として、熊本のビジネスシーンで広く活用されています。

定価:1,892円/年間購読:19,000円

購読のお申込みはこちらから