トップ 経済ニュース
経済ニュースEconomic News
熊本に特化した転職支援サービス、求人情報 | リージョナルキャリア熊本

「文化観光振興プロジェクト」でCF開始・・・・阿蘇火山博物館

 肥後銀行系クラウドファンディング(CF)専門会社の潟Oローカル・クラウドファンディング(熊本市西区春日1丁目、荒川浩二社長)は、阿蘇火山博物館(公益財団法人阿蘇火山博物館久木文化財団、久木康裕理事長)が実施する「阿蘇地域の文化資源を活用した持続可能な未来地域づくり」プロジェクト支援のCFを開始した。
  阿蘇地域は2020年度、阿蘇ジオパーク推進協議会を母体に、火山博を拠点施設として周辺8市町村と共同で文化観光の推進に取り組む構想が、文化庁から「文化観光推進法」に基づく地域計画に採択された。
 火山博では、@中岳火口と火口縁に設置した超高感度火口カメラを使った次世代型ツアーと展示の開発A展示とデジタル技術を融合させたバーチャルミュージアムの試行B夜や冬にスポットを当てた新感覚体験の開発C阿蘇市や民間企業と連携しICT・IoTを活用した安全・安心な火山観光情報の発信などを計画しており、CFで集まった資金をプロジェクト費用の一部に充てる。目標金額は1千万円。
 CFは寄付型と購入型。寄付型は、1口5千円、1万円、3万円、5万円、10万円で、リターンは同館HPや年報、プロジェクト成果品などへの名前掲載と寄付証明書発行。
 購入型は、オリジナルグッズ(阿蘇の立体マグネット)付火山博入館券5千円、阿蘇の名産品が1万円と3万円、同館登録ガイドツアー付宿泊券5万円、火山学者など専門家が講師を務めるプレミアムツアー「アカデミックディ」+宿泊券が10万円(購入型は寄付控除対象外)。
_くまもと経済 業界NAVI_:2021年5月28日発行 No.480

関連記事

powered by weblio



「くまもと経済」は昭和46年の創刊以来、『熊本』に密着した独自の特集記事や企業ニュース、人物 インタビューなど、毎号200以上の企業・団体の発展的な経済情報を掲載。業界や特定企業の動向を知る情報源として、また、事業展開のための情報・資料として、熊本のビジネスシーンで広く活用されています。

定価:1,892円/年間購読:19,000円

購読のお申込みはこちらから