トップ 経済ニュース
経済ニュースEconomic News
熊本に特化した転職支援サービス、求人情報 | リージョナルキャリア熊本

ドローンによる医療物資の搬送実験を実施・・・・熊本赤十字病院

 熊本赤十字病院(熊本市東区長嶺南二丁目、平田稔彦院長)は2020年12月19日、衛星「みちびき」の測位システムを活用したドローンを使い、血液などの医療物資を高精度で搬送する実証実験を、国内で初めて実施した。
 同実証実験は、ドローン製造開発・イームズロボティクス梶i福島県福島市、辺見俊彦社長)が、内閣府から採択を受けた「みちびき+LTEのダブル高精度測位によるドローン物流システム」の実証実験に、東京電機大学、日本医科大学、千葉北総病院、芝浦工業大学などで構成する「救急・災害時ドローンプラットフォームネットワーク」が協力し実施したもの。
 当日は、準天頂衛星「みちびき」を使った、高精度な位置情報測位システムによる完全自動制御型ドローンを運行。上天草市龍ヶ岳町の上天草市立上天草総合病院ヘリポートから、御所浦診療所への輸送拠点である天草市御所浦町の嵐口漁民グラウンドまで、模擬血液、検体などを搬送。ドローン運行中の位置情報、輸送ボックスの温度、振動、受取確認情報の把握、ハイブリッド車によるドローン基地局への電力供給などについて検証した。
_くまもと経済 業界NAVI_:2021年3月2日発行 No.477

関連記事

powered by weblio



「くまもと経済」は昭和46年の創刊以来、『熊本』に密着した独自の特集記事や企業ニュース、人物 インタビューなど、毎号200以上の企業・団体の発展的な経済情報を掲載。業界や特定企業の動向を知る情報源として、また、事業展開のための情報・資料として、熊本のビジネスシーンで広く活用されています。

定価:1,892円/年間購読:19,000円

購読のお申込みはこちらから