トップ 経済ニュース
経済ニュースEconomic News
熊本に特化した転職支援サービス、求人情報 | リージョナルキャリア熊本

21年経済予測は約半数が「悪化」を予測・・・・熊本商工会議所調べ

 熊本商工会議所がまとめた県内の2021年経済予測アンケートによると、21年の経済予測は「やや悪化」が前年比3・4ポイント減の32%でトップ、次いで「やや好転」が同10ポイント増の25・8%、「変わらない」が同13・2ポイント減の22・9%、「かなり悪化」が同5・8ポイント増の15・6%、「かなり好転」が同1・4ポイント減の0・4%だった。好転予測は26・2%と4分の1に留まり、悪化予測は47・6%と約半数だった。
 同会議所の役員および議員、小規模企業の経営者498人を対象にアンケートを実施。回答者数は275人。業種別に見ると製造業が好転20%、悪化45・7%、建設業が好転25・5%、悪化50・9%、運輸・通信業が好転37・5%、悪化50%、卸売・小売業が好転22・9%、悪化56・6%、飲食業が好転15・4%、悪化77%、金融・保険業が好転7・7%、悪化53・8%、サービス・不動業が好転38・9%、悪化27・8%だった。
 20年11月時点の景気の現状は「かなり悪化」が39・6%、「やや悪化」が38・2%、「変わらない」が12・7%、やや好転が7・3%、かなり好転が0・7%で、悪化が約8割を占めた。
 円市場予測は「ほとんど変化はない」が56・7%、「円高傾向」が26・5%、「円安傾向」が12・4%。株式市場予測は「株安傾向」が39・6%、「ほとんど変化はない」が36・7%、「株高傾向」が19・6%。金利予測は「ほとんど変化はない」が78・2%、「低金利傾向」が12・4%、「高金利傾向」が5・8%。経営上の問題点(複数回答可)として多く挙げられたのは「新型コロナウイルス感染拡大」が54・2%、「需要やニーズの停滞・変化」が48・2%だった。昨年最も多かった「人手不足」が前年比22・3ポイント減の26・5だった。経営上の重視点で重視する割合が高かったのは「収益」96・4%、次いで「売上高」90・6%、「マーケティング・販路開拓」84・3%。「IT化の推進」をかなり重視する割合が前年比10ポイント増の24・4%と増加しており、オンライン会議やリモートワークなど新しい働き方への対応が重視されているという。
 また21年度の調査では新型コロナウイルス感染拡大についての追加調査を実施しており、コロナ禍で行っている(検討している)取り組みについて「三密回避やアクリル板設置などの室内環境の改善」が58・2%、「金融機関などからの資金調達」が34・5%と高かった。新型コロナウイルスによる影響はいつまで続くと想定されるかについては「2022年中」が26・2%と最も高く、次いで「21年夏ごろ」が21・5%、21年冬ごろが18・9%と続いた。
_くまもと経済 業界NAVI_:2021年3月2日発行 No.477

関連記事

powered by weblio



「くまもと経済」は昭和46年の創刊以来、『熊本』に密着した独自の特集記事や企業ニュース、人物 インタビューなど、毎号200以上の企業・団体の発展的な経済情報を掲載。業界や特定企業の動向を知る情報源として、また、事業展開のための情報・資料として、熊本のビジネスシーンで広く活用されています。

定価:1,892円/年間購読:19,000円

購読のお申込みはこちらから