トップ 経済ニュース
経済ニュースEconomic News
熊本に特化した転職支援サービス、求人情報 | リージョナルキャリア熊本

「資本性劣後ローン」の取り扱いを開始・・・・肥後銀行と鹿児島銀行

 九州フィナンシャルグループの肥後銀行(熊本市中央区練兵町、笠原慶久頭取)と鹿児島銀行(鹿児島市金生町、松山澄寛頭取)は1月4日から、「資本性劣後ローン」の取り扱いを開始した。
 新型コロナウイルス感染症や自然災害などの影響で業績が悪化した事業者を対象に、傷んだ財務基盤を充実させる資金供給を図る。資本性劣後ローンは、会計上は借入金として負債に計上されるが、金融機関が企業の財務状況を判断する際に、負債ではなく資本と見なすことができる。
 商品名は、肥銀が「ひぎんイクイティローン」、鹿銀が「資本性劣後ローン」。資金使途は運転資金と設備資金。融資額は3千万円以上、3億円以内。利率は各行所定金利(業績応じて変動)。融資期間は5年超、15年以内。返済方法は期日一括返済。担保・保証人は不要。期日前弁済は原則不可。取扱店は、肥銀が九州内の営業店、鹿銀が全営業店(中小事業者向け融資を取り扱わない店舗を除く)。
_くまもと経済 業界NAVI_:2021年3月30日発行 No.478

関連記事

powered by weblio



「くまもと経済」は昭和46年の創刊以来、『熊本』に密着した独自の特集記事や企業ニュース、人物 インタビューなど、毎号200以上の企業・団体の発展的な経済情報を掲載。業界や特定企業の動向を知る情報源として、また、事業展開のための情報・資料として、熊本のビジネスシーンで広く活用されています。

定価:1,892円/年間購読:19,000円

購読のお申込みはこちらから