トップ 経済ニュース
経済ニュースEconomic News
熊本に特化した転職支援サービス、求人情報 | リージョナルキャリア熊本

保田窪4丁目に「影下デンタルクリニック」開院・・・・影下裕晃医師

 影下裕晃医師は熊本市東区保田窪4丁目に「影下デンタルクリニック」を4月28日に開院する。
 場所は「シュロアモール長嶺」西側、通称「鉄工団地通り」沿い。敷地面積約660u、クリニックは木造2階建て、延べ床面積約280uと大型の歯科医院。1階は個室診療室2室(ユニット計5台)、手術室、個室カウンセリングルーム2室、キッズコーナー、待合室。2階がスタッフルーム、医局、院長室。
 人員は、影下院長ほか九州大学病院第一口腔外科から非常勤医師1人、歯科衛生士3人、歯科助手1人、事務員1人の計7人。診療時間は、平日が午前9時〜13時、14時半〜19時。土曜が9時〜15時(昼休みなし)。木曜は往診日・特殊再来日。休診日は日曜・祝日(祝日のある週の木曜は通常診療)。駐車場12台収容。
 影下裕晃(かげした・ひろあき)氏は、1988(昭和63)年10月12日生まれ、32歳。熊本市出身。真和高校―東京歯科大学卒。九州大学病院臨床研修修了。同大学病院口腔総合診療科医員を経て熊本市内の歯科医院勤務医。日本顎咬合学会認定医、日本アンチエイジング歯科学会認定医。所属学会は、日本臨床歯周病学会、日本インプラント学会、日本臨床歯科学会、日本口腔ケア学会。
 影下院長は、「滅菌設備を完備、全チェアに口腔外バキュームを設置し感染対策を徹底するなど、ウィズコロナ時代に対応できるクリニックとした。患者プライバシー対策やお子様連れでの受診対応で個室カウンセリングルーム2室、個室診療室2室を設置。マイクロスコープ、口腔内スキャナーなどの最新機器に加え、恐怖心を軽減する笑気麻酔を導入した。納得していただける質の高い歯科治療を提供したい」と話している。
_くまもと経済 業界NAVI_:2021年3月30日発行 No.478

関連記事

powered by weblio



「くまもと経済」は昭和46年の創刊以来、『熊本』に密着した独自の特集記事や企業ニュース、人物 インタビューなど、毎号200以上の企業・団体の発展的な経済情報を掲載。業界や特定企業の動向を知る情報源として、また、事業展開のための情報・資料として、熊本のビジネスシーンで広く活用されています。

定価:1,892円/年間購読:19,000円

購読のお申込みはこちらから