トップ 経済ニュース
経済ニュースEconomic News
熊本に特化した転職支援サービス、求人情報 | リージョナルキャリア熊本

6月から求職者向け再就職支援プログラムを実施・・・・総合プラント

 人材派遣、業務請負、教育・研修、販売代行・FC小売事業の椛麹プラント(熊本市中央区神水1丁目、山賢士社長)は6月1日から来年2月28日まで、同社で、県内の人手不足業界(製造、IT、物流、福祉・介護、BPO・コールセンターなど)への再就職をサポートするプログラムを実施する。県内求職者100人の雇用創出を目指す。
 同社が熊本県から受託した事業で、新型コロナウイルスの影響やそのほかの理由で離職を余儀なくされた求職者に対し、社会人基礎を学ぶ座学研修20日と正社員雇用を前提とした企業で実際に働きながら行う50日間の実践研修を組み合わせることで、ミスマッチを最小限にしたサービスを提供する。座学研修では、自己理解を深め仕事の向き・不向きを分析したうえで、職業別研修による業界知識を深め就業意欲を高める。そのほか、コミュニケーションスキルやビジネスマナーなど社会人としての基礎知識、パソコン操作やテレワークの働き方、ライフプランニングについても学ぶ。
 また、企業の魅力を求職者に直接アピールできる企業交流・面談会を今年も開催し、求職者と企業がより近い距離で情報交換できる機会を設けることで、効果的なマッチングにつなげる。さらに、求職者が抱く業種に対する疑問や就業観を知ることができ、新しい働き方に気付ける機会も創出している。同プログラムは6月・7月・8月・9月・10月と年間5回開催。各グループの定員は20人。正社員雇用を検討中の企業をはじめ、求職者を多く募集する。第1回目は6月1日に開始。働きながら学べる求職者向け再就職支援プログラム。申し込みは、同社のホームページで受け付ける。
 同社は「昨年度は、地域の求職者向け人材育成支援事業、新型コロナ対応再就職支援プログラム、子育て女性のための再就職支援プログラムの3プログラムを受託し、約80人の雇用を創出。これらの実績により、本年度のプログラムの受託につながった」と話している。
_くまもと経済 業界NAVI_:2021年4月30日発行 No.479

関連記事

powered by weblio



「くまもと経済」は昭和46年の創刊以来、『熊本』に密着した独自の特集記事や企業ニュース、人物 インタビューなど、毎号200以上の企業・団体の発展的な経済情報を掲載。業界や特定企業の動向を知る情報源として、また、事業展開のための情報・資料として、熊本のビジネスシーンで広く活用されています。

定価:1,892円/年間購読:19,000円

購読のお申込みはこちらから