トップ 経済ニュース
経済ニュースEconomic News
熊本に特化した転職支援サービス、求人情報 | リージョナルキャリア熊本

九州本社企業初のSBT認定を取得・・・・エコワークス

 フェアウッド(旧新産)グループのエコワークス梶i福岡市博多区竹丘町、小山貴史社長)は、同社が設定した2035年度に向けた温室効果ガス削減目標が2月1日付で「SBT(Science Based Targets)イニシアチブ」の認定を取得した。九州に本社を置く企業では初の認定。
 「SBTイニシアチブ」は、気候変動など環境問題に取り組む国際NGO、国連機関などによる国際的な共同イニシアチブで、2015年のパリ協定で掲げた「世界の平均気温の上昇を、産業革命前と比べて2℃未満に抑える」目標に向け、科学的根拠に基づく削減のシナリオと整合した企業のCO2排出削減目標を認定している。
 削減計画には、@事業者自らが排出する温室効果ガス(SCOPE1)以外に、A他社から供給された電気や熱、蒸気の使用に伴う間接排出(SCOPE2)BSCOPE1、2以外の間接排出も含まれる。同社では、Aに関しては昨年再エネ100%を実現しており、@の直接排出では、現在19台ある社用車の電動車への順次切り替え、「博多湾ブルーカーボンオフセット」参画(クレジットを10トン購入、ガソリン車から排出されたCO2の一部をオフセット)など。BではZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)、LCCM(ライフ・サイクル・カーボン・マイナス住宅)、ZEB(ネット・ゼロ・エネルギー・ビル)の推進などを通じた排出量削減に取り組み、2040年としていた目標を5年前倒しして35年までにCO2排出量ゼロカンパニー達成を目指す。
_くまもと経済 業界NAVI_:2021年4月30日発行 No.479

関連記事

powered by weblio



「くまもと経済」は昭和46年の創刊以来、『熊本』に密着した独自の特集記事や企業ニュース、人物 インタビューなど、毎号200以上の企業・団体の発展的な経済情報を掲載。業界や特定企業の動向を知る情報源として、また、事業展開のための情報・資料として、熊本のビジネスシーンで広く活用されています。

定価:1,892円/年間購読:19,000円

購読のお申込みはこちらから