トップ 経済ニュース
経済ニュースEconomic News
熊本に特化した転職支援サービス、求人情報 | リージョナルキャリア熊本

神水1丁目にアスベスト分析の熊本事業所・・・・アースフィールド・プロ

 アスベストの相談、調査、分析を行う潟Aースフィールド・プロ(福岡県古賀市今の庄1丁目、堤健之輔社長)は4月1日、熊本市中央区神水1丁目に熊本事業所を開設した。
 事業所名は「熊本アスベスト分析センター」。場所は通称電車通り沿い、神水地所向かいのレインボーMビル1階。フロア面積は40u。事業内容はアスベストの相談、調査、分析。国内でのアスベスト分析方法はX線回折法を主とした日本特有の分析方法が主流だが、同社では欧米で主流の偏光顕微鏡を用いた層別分析が可能な両方を採用しているという。建築物を解体する際の環境測定も順次始める予定。従業員数は3人。今後も増員し、アスベスト分析者を育成していくという。
 堤社長は「福岡で15年間アスベスト分析事業を展開し、熊本地震をきっかけに熊本での事業所開設を決めた。熊本にはまだアスベスト分析機関が少ないが、アスベストは解体業者だけでなく、皆が考えるべき問題。お客さまに寄り添えるよう相談業務から丁寧に行い、正しい知識を持って事業に取り組んで行きたい」と話している。
 同社は1991年(平成3)年6月設立。2013年7月に北九州建設工業鰍ゥら現商号に社名変更し、本社地を移転した。資本金は3千万円。従業員数は9人。
_くまもと経済 業界NAVI_:2021年6月30日発行 No.481

関連記事

powered by weblio



「くまもと経済」は昭和46年の創刊以来、『熊本』に密着した独自の特集記事や企業ニュース、人物 インタビューなど、毎号200以上の企業・団体の発展的な経済情報を掲載。業界や特定企業の動向を知る情報源として、また、事業展開のための情報・資料として、熊本のビジネスシーンで広く活用されています。

定価:1,892円/年間購読:19,000円

購読のお申込みはこちらから