トップ 経済ニュース
経済ニュースEconomic News
熊本に特化した転職支援サービス、求人情報 | リージョナルキャリア熊本

アミュプラザくまもと内にテイクアウト専門店・・・・加茂川

 「すき焼き 加茂川」などを運営する渇チ茂川元舗(熊本市中央区九品寺5丁目、山下礼央社長)は4月23日、JR熊本駅ビルの大型商業施設「アミュプラザくまもと」(熊本市西区春日3丁目)にテイクアウト専門店を出店した。弁当をメインに総菜などを販売する。
 同ビル1階の食品ゾーン「ひごマルシェ」内に出店するもので、店名は「加茂川」。店舗面積は33u。飲食はイートインスペースやテラス席が利用できる。メニューは注文販売の「特選くまもとあか牛ステーキ弁当」(3,024円)など4種のほか、「ハンバーグステーキ弁当」(734円)など10種、丼ぶり弁当・4種、日替わり弁当・2種、馬すじカレー(540円)やその他、揚げ物などを販売する。営業時間は午前10時〜午後8時まで。
 山下社長は「弁当を主軸として販売する業態は初めて。熊本の新しい玄関口となる『アミュプラザくまもと』で県外の方々や、地元の方にも改めて発信していきたい」と話している。
 同社は明治14年創業、昭和23年設立。資本金1,085万円。社員数87人。
 山下礼央(やました・あきひろ)社長は1988年10月26日生まれ、32歳。熊本学園大学卒。水道関係の会社に勤務後、2013年に渇チ茂川元舗に入社。20年2月代表に就任。趣味はゴルフ。
_くまもと経済 業界NAVI_:2021年6月30日発行 No.481

関連記事

powered by weblio



「くまもと経済」は昭和46年の創刊以来、『熊本』に密着した独自の特集記事や企業ニュース、人物 インタビューなど、毎号200以上の企業・団体の発展的な経済情報を掲載。業界や特定企業の動向を知る情報源として、また、事業展開のための情報・資料として、熊本のビジネスシーンで広く活用されています。

定価:1,892円/年間購読:19,000円

購読のお申込みはこちらから