トップ 経済ニュース
経済ニュースEconomic News
熊本に特化した転職支援サービス、求人情報 | リージョナルキャリア熊本

山鹿市鹿北町の芝生広場をフリーサイトとして開放・・・・祐和會

 スポーツ・文化・教育事業の蒲S和會(熊本市中央区帯山3丁目、福原英喜社長)は4月1日、同社が運営する山鹿市鹿北町椎持の複合施設「癒しの森ゆ〜かむ」芝生広場をキャンプ場のフリーサイトとして開放した。
 キャンプをする人が増え、持ち込みテントでの需要が高まったため開放したもの。場所は熊野坐神社の北東側、岩野川沿いの同施設内。同施設はジムやレストラン、大浴場などが入っており、今回、芝生広場をフリーサイトとして開放した。区画を区切らずテント6張り分利用できる。営業時間は午前10時〜午後8時。定休日は木曜日。スタッフの人数は18人。
 同社は「キャンプに必要な道具を一通り貸し出すことができるので、初心者の方にもおすすめ。また、大浴場や地元食材を使ったレストラン、テニスコートなどがあり、幅広い年代の方が楽しめる施設となっている。ぜひ多くの人に来てほしい」と話している。
 同社は且O勢(同区帯山3丁目、福原英喜会長)とNPO法人ひとづくりJAPANネットワーク(同区黒髪2丁目、中川保敬理事長)が共同出資し、2009年4月に設立。資本金は100万円。社員数は45人。売上高は2億円。
_くまもと経済 業界NAVI_:2021年7月30日発行 No.482

関連記事

powered by weblio



「くまもと経済」は昭和46年の創刊以来、『熊本』に密着した独自の特集記事や企業ニュース、人物 インタビューなど、毎号200以上の企業・団体の発展的な経済情報を掲載。業界や特定企業の動向を知る情報源として、また、事業展開のための情報・資料として、熊本のビジネスシーンで広く活用されています。

定価:1,892円/年間購読:19,000円

購読のお申込みはこちらから