トップ 経済ニュース
経済ニュースEconomic News
熊本に特化した転職支援サービス、求人情報 | リージョナルキャリア熊本

就職決定率は96・4%・・・・熊本大学

 熊本大学(熊本市中央区黒髪、小川久雄学長)の2021年3月卒業者の就職決定率は、医学科を除く学部卒者が96・4%で、前年と比べ0・3ポイント上昇した。院卒者も97・6%で0・2ポイント上がった。県内の就職者は前年より53人少ない282人だった。
 学部卒業者は1699人で、うち就職希望者は945人。911人が就職決定したほか、541人が大学院などへ進学した。大学院修了者は738人で、就職希望者は625人。610人が就職決定した。求人件数は前年比約5%アップの18991件に上った。決定先を業種別に見ると製造業が前年比28人減の96人、公務員が同12人減の197人、医療・福祉が同6人減の153人、教育・学習支援業が同14人減の152人だったほか、金融・保険業に38人がそれぞれ就職した。企業団体別ではトップがソニーセミコンダクタマニュファクチャリングに38人、東京エレクトロンと肥後銀行にそれぞれ10人が決定した。地域別には熊本を除く九州が41%、熊本県内が31%。関東は18%だった。
 同大就職支援課の日和田伸一専門職員は「コロナ禍で先行きが不透明だったが、結果的には求人も予想以上に堅調だった。危機感漂う中での就職活動となったが、リモートに対応するなど、それぞれが困難を前向きに受け止めて健闘した結果が数字に表れたと思う」と話している。
 主な就職先は前述4社のほか、九州電力、TOTO、KMバイオロジクス、パナソニック、福岡銀行、東京海上日動火災保険、日立製作所、トヨタ自動車、旭化成、住友商事、楽天など。
_くまもと経済 業界NAVI_:2021年7月30日発行 No.482

関連記事

powered by weblio



「くまもと経済」は昭和46年の創刊以来、『熊本』に密着した独自の特集記事や企業ニュース、人物 インタビューなど、毎号200以上の企業・団体の発展的な経済情報を掲載。業界や特定企業の動向を知る情報源として、また、事業展開のための情報・資料として、熊本のビジネスシーンで広く活用されています。

定価:1,892円/年間購読:19,000円

購読のお申込みはこちらから