トップ 経済ニュース
経済ニュースEconomic News
熊本に特化した転職支援サービス、求人情報 | リージョナルキャリア熊本

熊本―静岡線を10年ぶりに再開・・・・フジドリームエアラインズ

 潟tジドリームエアラインズ(静岡市、楠瀬俊一社長)は7月16日から「熊本―静岡」線の運航を開始した。同路線は2011年7月に休止して以来、10年ぶりの運航再開。
 同社は現在熊本―名古屋間の便を1日3往復6便運航している。熊本―静岡間は2009年に運航を開始したが、11年に東日本大震災が発生。復興支援のため東北地方への路線を開設したが、当時保有していた機体数が5機で不足していたことや搭乗率の低さなどから、熊本への運航を休止していた。再開理由については新型コロナウイルスのワクチン接種が進み、搭乗客の回復が見込める点や自動車産業、半導体の集積によるビジネス活用と熊本城復旧などによる観光活用が見込める点、熊本線から開業10年目が経過し当時よりも同社の知名度が高くなっている点などを上げた。再開する熊本―静岡線は1日1往復2便運航。
 6月24日に開いた記者会見で森谷和生副社長は「以前から機会があれば復活したいという思いがあり、機体も当時よりも増えたことから再開を決めた。熊本は熊本城が復旧し、雄大な自然や観光名所がある。静岡も富士山や温泉地、海の幸など観光資源があり、今後相互に発展できる基盤が整っている。安全運航を第一に安心してご利用いただけるよう努めたい」と話している。
_くまもと経済 業界NAVI_:2021年8月30日発行 No.483

関連記事

powered by weblio



「くまもと経済」は昭和46年の創刊以来、『熊本』に密着した独自の特集記事や企業ニュース、人物 インタビューなど、毎号200以上の企業・団体の発展的な経済情報を掲載。業界や特定企業の動向を知る情報源として、また、事業展開のための情報・資料として、熊本のビジネスシーンで広く活用されています。

定価:1,892円/年間購読:19,000円

購読のお申込みはこちらから