トップ 経済ニュース
経済ニュースEconomic News
熊本に特化した転職支援サービス、求人情報 | リージョナルキャリア熊本

前合志市副市長の濱田善也社長を再任・・・・こうし未来研究所

 3月末に任期満了で退任した濱田善也前合志市副市長は6月3日、合志市のまちづくり事業などを行う鰍アうし未来研究所(合志市竹迫)の株主総会と役員会で代表取締役に再任された。
 同研究所は公共公益施設の活用や管理運営事業、エリアマネジメントを行うことを目的に合志市と民間企業14事業者が共同出資し2015(平成27)年4月に設立したまちづくり会社で、資本金は1150万円。現在、旧西合志町役場をテナントビル化した「ルーロ合志」やファーストプレイス合志の管理、同市立図書館、合志マンガミュージアムの指定管理業務なども手掛けている。
 濱田社長は1956(昭和31)年11月4日生まれ、64歳。熊本市出身で、熊本県立第二高校―熊本商科大学経済学部卒。79年合志町役場入庁、2009年合志市総務企画部企画財政課長、10年同部まちづくり戦略室長、11年政策部長、16年政策監、17年副市長、17年こうし未来研究所代表取締役に就任している。趣味はバイクツーリング。
 濱田社長は「合志市が進める各種土地開発の後方支援をはじめ、宅建業務の免許も持っているので、市としっかり連携し、土地利用計画や空き家プロジェクトなどの後押しなども積極的に行っていきたい」と話している。
_くまもと経済 業界NAVI_:2021年8月30日発行 No.483

関連記事

powered by weblio



「くまもと経済」は昭和46年の創刊以来、『熊本』に密着した独自の特集記事や企業ニュース、人物 インタビューなど、毎号200以上の企業・団体の発展的な経済情報を掲載。業界や特定企業の動向を知る情報源として、また、事業展開のための情報・資料として、熊本のビジネスシーンで広く活用されています。

定価:1,892円/年間購読:19,000円

購読のお申込みはこちらから