トップ 経済ニュース
経済ニュースEconomic News
熊本に特化した転職支援サービス、求人情報 | リージョナルキャリア熊本

最優秀賞に熊本大学首藤剛准教授らのC−HASチーム・・・・熊本テックプラングランプリ

 アグリ、バイオなど自然共生型産業の創出に向けた創業支援プログラム「KUMAMOTO TECH PLANTER」を運営する、県、肥後銀行、熊本大学、県工業連合会など5者でつくる「熊本県次世代ベンチャー創出支援コンソーシアム」は7月17日、次世代ベンチャーコンテスト「熊本テックプラングランプリ最終選考会」を肥後銀行本店2階大会議室で開いた。同グランプリの開催は今回で6回目。
 当日は、エントリーのあった県内外の研究者・技術者からなる24チームの中から、書類選考を経て選ばれた9チームが8人の審査員を前にプレゼンを実施。最優秀賞に、熊本大学大学院生命科学研究部附属グローバル天然物科学研究センターの首藤剛准教授が代表を務めるC−HASチームが選ばれた。
 発表テーマは「線虫健康寿命ミニ集団解析技術C−HASによる健康素材の探索と評価」。C−HASチームには賞金30万円とTECH PLAN DEMO DAYへの旅費が贈られた。
 「熊本テックプランター」では9月以降、パートナー企業とのチームのマッチングや経営・ビジネスについて学ぶ勉強会、熊本の地元事業者との交流会のほか、各種支援プログラムを実施するとしている。
_くまもと経済 業界NAVI_:2021年9月30日発行 No.484

関連記事

powered by weblio



「くまもと経済」は昭和46年の創刊以来、『熊本』に密着した独自の特集記事や企業ニュース、人物 インタビューなど、毎号200以上の企業・団体の発展的な経済情報を掲載。業界や特定企業の動向を知る情報源として、また、事業展開のための情報・資料として、熊本のビジネスシーンで広く活用されています。

定価:1,892円/年間購読:19,000円

購読のお申込みはこちらから