トップ 経済ニュース
経済ニュースEconomic News
熊本に特化した転職支援サービス、求人情報 | リージョナルキャリア熊本

包括連携協定を締結・・・・熊本大学と肥後銀行

 熊本大学(熊本市中央区黒髪2丁目、小川久雄学長)と肥後銀行(同区練兵町、笠原慶久頭取)は6月30日、地域の持続的発展に向けて相互に協力する包括連携協定を結び、同行本店で協定式を行った。
 産学連携、地域連携および人材育成などについて相互に協力し、地域の発展に寄与することが目的。具体的な取り組みとして、同行が1件あたり100万円を上限に年間1千万円を寄付することで地域企業と共同研究を支援する「肥後銀行イノベーション応援プログラム」をはじめ、同行の寄付や個人からの遺贈などをベースにした「肥後未来共創基金」の新設、クラウドファンディングを活用した地方創生事業などを行う。同行と大学、同学と銀行との包括連携は初めて。
 小川学長は「肥後銀行とは以前から次世代ベンチャー支援などで関わりがあったが、今回より連携を強化するため協定を結んだ。本学が有する研究成果や技術と、同行が持つネットワークなどを掛け合わせ、地方創生と地域の持続的発展に貢献したい」と話した。
 また笠原頭取は「デジタル化に伴い社会構造が変わっていく中、地方銀行の役割も大きく変化している。本業の金融だけでなく地域の持続的発展の支援なども行い、双方の強みを生かして産学連携を強化し、熊本の10年後の未来を共に創造していきたい」と話している。
_くまもと経済 業界NAVI_:2021年9月30日発行 No.484

関連記事

powered by weblio



「くまもと経済」は昭和46年の創刊以来、『熊本』に密着した独自の特集記事や企業ニュース、人物 インタビューなど、毎号200以上の企業・団体の発展的な経済情報を掲載。業界や特定企業の動向を知る情報源として、また、事業展開のための情報・資料として、熊本のビジネスシーンで広く活用されています。

定価:1,892円/年間購読:19,000円

購読のお申込みはこちらから