トップ 経済ニュース
経済ニュースEconomic News
熊本に特化した転職支援サービス、求人情報 | リージョナルキャリア熊本

人吉城跡を遊覧する「梅花の渡し」の運航を開始・・・・球磨川くだり

 球磨川くだり梶i人吉市下新町、瀬ア公介社長)は7月29日から、人吉発船場から人吉城跡の区間を遊覧する「梅花の渡し」の運航を開始した。
 同社では昨年7月の豪雨災害以降、運休している球磨川下りの運航再開を目指して準備を進め、今夏から一部区間での再開を予定していたが、航路の状況などから断念し、来年春の再開を目指す。このため、現状でも運航が可能な発船場から人吉城址間を運航する遊覧船として「梅花の渡し」の運航を開始した。所要時間は30分で、川下りと同じ船頭が和船を漕いで球磨川や人吉城跡を眺めながらゆったりと巡る風情ある体験ができるという。時間は平日が午前10時から5便、土日祝は午前9時から7便を運航。料金は大人(中学生以上)が2千円、子ども(3歳以上)が千円。定員は1隻14人(各便最大56人)。
 同社では「梅花の渡しでは人吉城址の石垣を間近で眺めることができ、春は桜、初夏の新緑、秋は紅葉が見どころとなり、まさに人吉の四季を感じることができる風情ある遊覧体験ができる」と話している。
_くまもと経済 業界NAVI_:2021年10月30日発行 No.485

関連記事

powered by weblio



「くまもと経済」は昭和46年の創刊以来、『熊本』に密着した独自の特集記事や企業ニュース、人物 インタビューなど、毎号200以上の企業・団体の発展的な経済情報を掲載。業界や特定企業の動向を知る情報源として、また、事業展開のための情報・資料として、熊本のビジネスシーンで広く活用されています。

定価:1,892円/年間購読:19,000円

購読のお申込みはこちらから