トップ 経済ニュース
経済ニュースEconomic News
熊本に特化した転職支援サービス、求人情報 | リージョナルキャリア熊本

ひぎんSDGs私募債5千万円を発行・・・・正木工業

 土木工事業の巨ウ木工業(熊本市南区富合町榎津、正木竜浩社長)は6月21日、肥後銀行の「ひぎんSDGs私募債」5千万円を発行した。償還期間は5年。
 同債は発行した企業が指定する団体や学校に、同行が発行額の0・2%相当額を寄付・寄贈するもので、地域と一体になり、SDGsの推進に貢献するのが狙い。今回は富合小学校に寄付する。
 具体的なSDGsに関する取り組みは、社員一人一人の安全に対する意識向上を目指し、講習会の開催で安全について学ぶ機会を設けるなど、事故防止のための管理を徹底している。また、同社で注力している法面工事は(一社)熊本県法面保護協会から優良工事として評価され、県や熊本市からも優良工事表彰を受賞している。その他、法面保護を目的に緑化対策に取り組んでおり、機械は低騒音、低排出ガスに定められたものを使用。工事完了後は各現場付近の清掃活動を実施するなど、環境に配慮した取り組みも行っている。
 同社は2002(平成14)年設立、資本金は500万円。主な事業内容は土木・とび・土工・舗装工事。
_くまもと経済 業界NAVI_:2021年10月30日発行 No.485

関連記事

powered by weblio



「くまもと経済」は昭和46年の創刊以来、『熊本』に密着した独自の特集記事や企業ニュース、人物 インタビューなど、毎号200以上の企業・団体の発展的な経済情報を掲載。業界や特定企業の動向を知る情報源として、また、事業展開のための情報・資料として、熊本のビジネスシーンで広く活用されています。

定価:1,892円/年間購読:19,000円

購読のお申込みはこちらから