トップ 経済ニュース
経済ニュースEconomic News
熊本に特化した転職支援サービス、求人情報 | リージョナルキャリア熊本

SDGs私募債5千万円を発行・・・・九建総合開発

 葛繻囁麹開発(熊本市北区植木町、新永隆一社長)は7月21日、ひぎんSDGs私募債5千万円を発行し、植木陸上クラブ(同区植木町岩野)に寄付することを決めた。
 受託銀行は肥後銀行で名称は「ひぎんSDGs私募債」。私募債の発行額は5千万円で期間は5年間となっている。今回の私募債はSDGsに取り組む顧客を金融面で支援、また、顧客と肥後銀行が一体となってSDGsに基づく地域課題の解決を目指すことを目的としている。今回は私募債発行額の0・2%相当額を、私募債を発行する九建総合開発が寄付先(学校や団体など)として植木陸上クラブを指定し寄付する。
 同社は1980年5月設立、建設の基礎(杭打ち)工事の専門業者として、熊本県を中心に西日本一円で2千件以上の施工実績があり、独自の詳細な地質・施工データを基にした最適な工法の提案など、豊富な経験を生かした質の高い工事を手掛けている。
 対応するSDGsは、企業活動で公共性・社会性を意識した取り組みを実施。寄付行為を通じて社会貢献に従事。また、現場で使用する重機の燃料として熊本県内の廃食油からつくられたBDF(バイオディーゼル燃料)を積極的に展開している。さらに、やりがいのある仕事、働きやすい職場にするため、従業員同士のコミュニケーションが図れる取り組みを行っている。
_くまもと経済 業界NAVI_:2021年10月30日発行 No.485

関連記事

powered by weblio



「くまもと経済」は昭和46年の創刊以来、『熊本』に密着した独自の特集記事や企業ニュース、人物 インタビューなど、毎号200以上の企業・団体の発展的な経済情報を掲載。業界や特定企業の動向を知る情報源として、また、事業展開のための情報・資料として、熊本のビジネスシーンで広く活用されています。

定価:1,892円/年間購読:19,000円

購読のお申込みはこちらから