トップ 経済ニュース
経済ニュースEconomic News
熊本に特化した転職支援サービス、求人情報 | リージョナルキャリア熊本

JICA支援で阿蘇リモナイト使用の脱硫システム調査が採択・・・・日本リモナイト

 鞄本リモナイト(阿蘇市狩野、栗谷利夫社長)は4月、JICA中小企業・SDGsビジネス支援事業(2020年度第2回募集)でマレーシアでの天然ミネラル阿蘇リモナイトを使用したリサイクル型脱硫システム案件化調査が採択された。
 同支援事業は、日本の中小企業の製品・技術の途上国での活用可能性の調査・実証を通じ、中小企業の海外展開と途上国の開発促進を目指すもの。阿蘇リモナイトは阿蘇山の大噴火によるカルデラの中の地層に生成された良質な褐鉄鋼で、同社がその採掘権を持つ。成分は約7割が鉄分で、これは酸化鉄とも呼ばれ、様々な物質と結合する「吸収力」を持つため、硫化水素、リン、アンモニアなどの「ガス吸着剤」が生成される。その効果を利用し下水処理場などで発生する硫化水素ガスの吸着剤「脱硫剤」として活用されている。乾式のし尿処理では全国で4割、九州で9割の市場シェアを占めるという。
 今回の事業ではマレーシアの下水・ゴミ処理やパーム油工場などの焼却施設、バイオガス発電で必要とされる脱硫施設を対象に、既存の脱硫剤の能力、処理方法を調査し、提案製品であるリモナイト脱硫剤の適応の可能性を調査、リサイクルも含めたビジネスモデルを探るというもの。同社は、同国で環境問題を引き起こしているパームオイル工場からの排水の色や臭いを軽減できる効果があるといわれる「マレーシアのケナフと阿蘇リモナイトを活用した水質浄化普及・実証事業」(JICA中小企業・SDGsビジネス支援事業2017年7月〜19年12月)と通じ、「脱硫剤」のニーズもあることを確認、再度、同支援事業への申請を行い採択されたもの。案件化調査では1件あたり3千万円が必要経費として支給される。
_くまもと経済 業界NAVI_:2021年10月30日発行 No.485

関連記事

powered by weblio



「くまもと経済」は昭和46年の創刊以来、『熊本』に密着した独自の特集記事や企業ニュース、人物 インタビューなど、毎号200以上の企業・団体の発展的な経済情報を掲載。業界や特定企業の動向を知る情報源として、また、事業展開のための情報・資料として、熊本のビジネスシーンで広く活用されています。

定価:1,892円/年間購読:19,000円

購読のお申込みはこちらから