トップ 経済ニュース
経済ニュースEconomic News
熊本に特化した転職支援サービス、求人情報 | リージョナルキャリア熊本

戸島町の熊本コスモ工業団地に熊本支店を移転・・・・日本乾溜工業

 道路標識などの交通安全施設工事、法面土木建設工事業の日本乾溜工業梶i福岡市東区馬出1丁目、伊東幸夫社長)は7月19日、熊本市東区健軍本町の熊本支店(冨田圭一支店長)を同市東区戸島町に移転した。
 これまでの支店事務所が賃貸であったことに加え手狭になったため。移転先は同町の熊本コスモ工業団地内、キングラン九州褐F本事業所南側。敷地面積約1980uに鉄骨2階建ての事務所棟(延べ床面積約660u)と倉庫(床面積約330u)を建設した。事務所棟は1階が事務所フロア、2階が会議室とWEB専用会議室、応接室、更衣室など。
 同社の冨田圭一支店長は「熊本地震以降、県南豪雨などもあり災害関連工事で熊本支店の受注は増勢基調だが、これからは通常モードの市場に戻る。今後は新たな得意先開拓へ向け、当社の強みである製品の仕入れ力を生かしシェア拡大を図っていきたい」としている。
 同社は、道路標識、ガードレール、道路誘導ライン、防護柵などの交通安全施設工事、落石防止に特化した法面工事、橋梁工事などの土木建設工事、自治体向けの防災備蓄用品、産業安全衛生用品の販売、環境型自然土防草材の製造販売を行っている。営業エリアは主に九州一円(各県に支店、営業所を展開)。売上高は144億900万円(2020年9月期連結)。
_くまもと経済 業界NAVI_:2021年11月30日発行 No.486

関連記事

powered by weblio



「くまもと経済」は昭和46年の創刊以来、『熊本』に密着した独自の特集記事や企業ニュース、人物 インタビューなど、毎号200以上の企業・団体の発展的な経済情報を掲載。業界や特定企業の動向を知る情報源として、また、事業展開のための情報・資料として、熊本のビジネスシーンで広く活用されています。

定価:1,892円/年間購読:19,000円

購読のお申込みはこちらから