トップ 経済ニュース
経済ニュースEconomic News
熊本に特化した転職支援サービス、求人情報 | リージョナルキャリア熊本

さくらや食産を事業承継・・・・まん福HD

 食関連会社の事業承継を専門とするまん福ホールディングス梶i東京都、加藤智治社長)は9月29日、食肉加工会社鰍ウくらや食産(西原村、櫻木康男社長)の経営権を引き継いだ。神奈川県の老舗仕出し弁当屋「ちがさき濱田屋」を経営している兜l田屋に続き2社目の事業承継。
 さくらや食産は2003年創業。同村に自社工場で県産・国産の食肉をハムやソーセージなどに加工し、敷地内の直販店やホームページなどで販売を行っている。事業は好調な一方、後継者が不在で売却先を探していた。
 新社長は潟Xシロークリエイティブダイニング(現皆OOD &LIFE INNOVATIONS)で執行役員営業部長の経験がある福田哲也まん福HD執行役員。今後は新商品開発やインターネット販売の強化、新規卸先開拓などの販路拡大、スタッフの増員、生産性向上などを図るという。
 まん福HDは今年4月に設立。後継者の不在やコロナ禍による大幅な売り上げ減に悩む食関連企業の事業承継を中心に展開。「うまい」を根幹に据えた経営で承継後の転売は基本的に行わない。食関連の経験者を後継の社長に任命し、創業者の想いや伝統を受け継ぎながら企業価値を高めることを目的としている。また複数の食関連会社を経営することによる相乗効果の創出も狙う。初年度は5社の事業承継を目指す。
 加藤社長は熊本県出身。東京大学・大学院卒。スシロー経営の鰍きんどスシローのCOO(最高執行責任者)やスポーツ用品販売ゼビオの社長などを務めた。
 加藤社長は「食肉業界に精通されている櫻木氏のご経験やご人脈などを教示いただき、さくらや食産の商品を多くの方に知っていただく努力をしたい。また今後も生まれ故郷である熊本の事業承継に関わることで、経済活性化の一翼を担いたい」と話している。
_くまもと経済 業界NAVI_:2021年12月30日発行 No.487

関連記事

powered by weblio



「くまもと経済」は昭和46年の創刊以来、『熊本』に密着した独自の特集記事や企業ニュース、人物 インタビューなど、毎号200以上の企業・団体の発展的な経済情報を掲載。業界や特定企業の動向を知る情報源として、また、事業展開のための情報・資料として、熊本のビジネスシーンで広く活用されています。

定価:1,892円/年間購読:19,000円

購読のお申込みはこちらから