トップ 経済ニュース
経済ニュースEconomic News
熊本に特化した転職支援サービス、求人情報 | リージョナルキャリア熊本

新屋敷の熊本支店を建て替え・・・・佐賀市の松尾建設

 総合建設業の松尾建設梶i佐賀市、松尾哲吾社長)は熊本市中央区新屋敷3丁目の熊本支店を建て替えている。2022年5月中旬に完成し、6月1日から新支店で業務を始める予定。
 建物の耐震強度不足や老朽化のため建て替えているもので、場所は通称明午橋通り沿い、新屋敷交番の北側。敷地面積は約700u、建物は鉄筋コンクリート造り5階建てで、延べ床面積1808u。1階はピロティ式の駐車場、2階が支店事務所で執務室、会議室、応接室などを設ける。3〜5階はワンルーム21戸の賃貸住宅。専有面積は32〜34u。月額賃料は共益費込みで5万円台を予定しており、単身者や看護師、学生などの入居を見込む。新支店の完成までは同市中央区新屋敷1丁目の通称産業道路沿いに仮事務所を置く。
 石橋和人執行役員熊本支店長は「敷地をフル活用し耐震強度を高めた建物を建設する中で、収益性の確保を目的に賃貸住宅の併設を決めた。支店の応接室やワンルーム居室の天井・壁には木造の『MECパネル』と呼ばれるCO2の排出削減につながる素材を使うなど、一企業としてSDGs活動も積極的に推進していきたい」と話している。
 同社は1885年創業。九州各県と仙台・東京・名古屋・大阪・広島・山口に支店がある。2021年3月期の売上高は739億円。熊本には1939年に事業所を開設した。
_くまもと経済 業界NAVI_:2021年12月30日発行 No.487

関連記事

powered by weblio



「くまもと経済」は昭和46年の創刊以来、『熊本』に密着した独自の特集記事や企業ニュース、人物 インタビューなど、毎号200以上の企業・団体の発展的な経済情報を掲載。業界や特定企業の動向を知る情報源として、また、事業展開のための情報・資料として、熊本のビジネスシーンで広く活用されています。

定価:1,892円/年間購読:19,000円

購読のお申込みはこちらから