トップ 経済ニュース
経済ニュースEconomic News
熊本に特化した転職支援サービス、求人情報 | リージョナルキャリア熊本

UTグループ初の軽自動車ビジネス・・・・UTグループ・ジェームス熊本

 UTグループ(西治三朗社長)がジェームス東バイパス店(熊本市東区西原2丁目)敷地内に建設していた自動車ブランド「ダイハツ」の新店舗が11月15日に完成し、同月27日にオープンした。ジェームス店とダイハツ店の併設は九州でも初めて。
 店舗名は「ダイハツJms熊本東店」(野中誠也店長)。潟Wェームス熊本が運営する。場所は国道57号通称東バイパス沿い、新南部交差点北東側、ジェームス熊本東バイパス店敷地内。敷地面積は5990u(ジェームス熊本東バイパス店も含む)。建物は鉄骨造り平屋建て、延べ床面積は403u。店舗はショールーム、商談スペースなどで構成。「女性が気軽に立ち寄れるカフェのような店舗」をコンセプトにしている。車両展示台数は4台(屋外)、駐車スペースは20台収容、スタッフ数は6人。アフターサービスやメンテナンスは隣接するジェームス東バイパス店で実施する。
 同社は「UTグループとして初の軽自動車ブランドとなる。軽自動車を中心としたダイハツから、トヨタ全車種、レクサス、フォルクスワーゲンまでと幅広いラインナップを扱うことになり、お客様へ提供できる選択肢が広がる。カー用品販売とUTグループで培ったノウハウを生かし、新しい店舗づくりにチャレンジしていきたい」と話している。
_くまもと経済 業界NAVI_:2022年1月30日発行 No.488

関連記事

powered by weblio



「くまもと経済」は昭和46年の創刊以来、『熊本』に密着した独自の特集記事や企業ニュース、人物 インタビューなど、毎号200以上の企業・団体の発展的な経済情報を掲載。業界や特定企業の動向を知る情報源として、また、事業展開のための情報・資料として、熊本のビジネスシーンで広く活用されています。

定価:1,892円/年間購読:19,000円

購読のお申込みはこちらから