トップ 経済ニュース
経済ニュースEconomic News
熊本に特化した転職支援サービス、求人情報 | リージョナルキャリア熊本

10月に大津町の農産加工場を取得・・・・マルキン食品

 地場大手食品メーカー・マルキン食品(熊本市中央区世安町、𠮷良扶佐子社長)は10月、大津町にある農産加工場を取得した。
 生産効率の向上、衛生環境改善、国際規格認証取得、新商品開発などを目的とした、中長期生産拠点再編整備計画の一環。生産品目ごとで順次稼働し、来年4月から本格稼働に移る。新工場の名称は「マルキン食品阿蘇イノベーションファクトリー」。敷地面積は9825u、延べ床面積2604u、従業員数は30人から35人を予定。
 新工場では、長期保存が可能なレトルト総菜、ドライ加工品、パウダー商品、液体調味料などの生産に加え販路開拓も手掛ける。また本社の研究開発部、品質保証部も同工場に移転。新商品ならびに生産技術の開発拠点として、一層の開発スピードアップを目指す。
 SDGsの取り組みとして、地元の食材の活用や雇用にも貢献するなど、大津町との連携も深めていきたいとしている。同工場では、初年度売上5億円を見込んでいる。
_くまもと経済 業界NAVI_:2022年1月30日発行 No.488

関連記事

powered by weblio



「くまもと経済」は昭和46年の創刊以来、『熊本』に密着した独自の特集記事や企業ニュース、人物 インタビューなど、毎号200以上の企業・団体の発展的な経済情報を掲載。業界や特定企業の動向を知る情報源として、また、事業展開のための情報・資料として、熊本のビジネスシーンで広く活用されています。

定価:1,892円/年間購読:19,000円

購読のお申込みはこちらから