トップ 経済ニュース
経済ニュースEconomic News
熊本に特化した転職支援サービス、求人情報 | リージョナルキャリア熊本

大津町に熊本オフィス新設・・・・カダブラ

 カダブラ梶i東京都、佐藤譲社長)は12月、大津町(金田英樹町長)にオフィスを新設した。11月1日に同町と立地協定を締結した。
 場所は中村製粉北側のテナントビル2階に入居。床面積は50u。同社はベトナムの拠点に現地エンジニアを採用しており、リモートでシステム開発に参加するサービスを提供。またAIで表情や手の動きを認識する技術を使い、例えば空間上に文字を書いたり、英単語を掴んで並び替えたりするなどの独自技術の開発に取り組んでおり、IT人材育成のための教材などに活用する。熊本のオフィスではシステム開発やITコンサルなどに取り組むほか、プログラミングスクールも展開する。投資金額は2千万円。新規雇用者数は来年6月までに20人。
 佐藤社長は「山都町出身で、熊本地震を機に何かできないかという気持ちがあった。大津町は人口が増え、産業基盤が整っている。1次産業、2次産業が多い熊本の企業の業務をITで効率化し、少ない人数でも確かなアウトプットができる体制を作りたい」と話している。
 同社は2016年7月設立。資本金は2千万円。今年6月期の売上高は2億円。
_くまもと経済 業界NAVI_:2022年1月30日発行 No.488

関連記事

powered by weblio



「くまもと経済」は昭和46年の創刊以来、『熊本』に密着した独自の特集記事や企業ニュース、人物 インタビューなど、毎号200以上の企業・団体の発展的な経済情報を掲載。業界や特定企業の動向を知る情報源として、また、事業展開のための情報・資料として、熊本のビジネスシーンで広く活用されています。

定価:1,892円/年間購読:19,000円

購読のお申込みはこちらから