トップ 経済ニュース
経済ニュースEconomic News
熊本に特化した転職支援サービス、求人情報 | リージョナルキャリア熊本

健康・農業分野実証実験など計画を発表・・・・県実施のUXプロジェクト

 熊本県は10月25日、新産業創出事業「UXプロジェクト」のキックオフイベントを開催。今年度実施予定のパイロットプロジェクト≠ィよびUXチャレンジ≠フ詳細など、今後の具体的な取り組みについて発表した。健康、農業分野での実証実験や学生向け講習会などを予定。
 パイロットプロジェクトは起業家と企業、大学などの協業で新たなビジネスを生み出すオープンイノベーションプログラム≠フ継続的な実施に向け、県内外企業を対象に行う先行的実証実験。@フィールドを提供することで同プロジェクトに参画する人を熊本に呼び込むA産業を超えたネットワークづくりにより、各企業などが持つデータを共有し分析するなど熊本が有する価値の向上につなげるB小さなチャレンジの場を提供しすぐに始めることで、その効果と課題を洗い出し改善につなげる、ことを目的に実施する。今年度予定している分野は「健康×データ」と「農業×異業種」。
 健康分野の概要は@健康に関する取り組みについて、データ活用により新たなビジネス創出に繋がるアイデアを募集・選定A選定されたアイデアについて、モニターを通じたデータ取集や体制構築を行い、具体的な実証につなげる。公募を通じて約3件の実証実験を予定。農業分野の概要は@農業生産者の視点からビジネスアイデア創出を検討Aビジネスアイデア発信の場を設け、業界を超えたプレイヤーとの掛け合わせを目指す。公募を通じて約5人が短いプレゼンを行い、来年意向検討可能な複数のプロジェクトを組成する。
 UXチャレンジは大学や企業などと連携した人材育成プラットフォーム構築に向け、学生や研究者を対象に実施する先行的な人材育成プログラム。11月に講習会参加者募集を行い、同月下旬から12月上旬までデータ取得・活用手法に関する講習会を実施。ビジネスプランの提案募集と書面での予選を実施し、同月中旬にオンラインプレゼン審査会、上位入賞したチームは企業などの技術協力を得て実証。その結果を3月に発表する。講習会の参加は高専・大学生(学部・大学院)で、県内は40人、県外が10人を予定。パイロットプロジェクトとUXチャレンジは来年2月まで実施し、3月の第2回イベントでその成果発表する。
 「UXプロジェクト」は半導体、自動車関連産業に続く、県内の第3の柱を創出するため、医療・健康・食品などライフサイエンス分野の強化を図る計画。50年後、100年後の長期を見据えたもので、まず全国から起業家を集め、地元からも生まれる賑わいの創出を図るための計画期間として2030年度までの10年間を設定している。
_くまもと経済 業界NAVI_:2022年1月30日発行 No.488

関連記事

powered by weblio



「くまもと経済」は昭和46年の創刊以来、『熊本』に密着した独自の特集記事や企業ニュース、人物 インタビューなど、毎号200以上の企業・団体の発展的な経済情報を掲載。業界や特定企業の動向を知る情報源として、また、事業展開のための情報・資料として、熊本のビジネスシーンで広く活用されています。

定価:1,892円/年間購読:19,000円

購読のお申込みはこちらから