トップ 経済ニュース
経済ニュースEconomic News
熊本に特化した転職支援サービス、求人情報 | リージョナルキャリア熊本

八代市中北町に有料老人ホーム・・・・万葉福祉会

 介護事業の竃恬t福祉会(八代市水島町、山田朝日社長)は同市中北町に同社4棟目の住宅型有料老人ホームを建設している。6月末に完成、7月中旬に開業する。
 場所は県道八代不知火線沿い、ゆめタウン八代南西側。名称は「シルバーハウス竜胆」。総事業費は3億2千万円。敷地面積2980u、建物は木造一部鉄骨造り平屋建てで、建築面積995u。居室は27部屋29床で共同利用の浴室や事務室、休憩室ほか、食堂や備蓄倉庫も設け、災害などの緊急時には地域の一時避難所として活用する考え。一人あたりの月額費用は個室が食費、共益費込みで8万5千円〜9万円の予定。入居条件は要介護認定1以上、5月中旬から募集を始める。施設の特徴は「おしゃれな癒しの空間」をコンセプトに屋内外の通路を広く確保するほか、中庭も設置する。スタッフはパート含め25人。設計は笈ィ一級建築士事務所、施工は平松建設梶B敷地内には別棟で木造一部2階建て、延べ床面積263uの建物も建設。1階が通所定員20人のデイサービスセンター「撫子」、2階が居宅介護支援事業所や相談室など。撫子は本社に併設するデイサービスセンターを移転オープンするもので、跡地は手狭になった本社事務室や休憩室、倉庫の拡張スペースとして活用するという。
 山田社長は「看護師による医療的ケアのできる環境を整備し、認知症から重度介護、看取り介護まで対応する。事務スペースや休憩室を広めに取るなど、スタッフに配慮した施設づくりを目指す」と話している。
 同社は2010年設立。八代市内で住宅型有料老人ホーム3棟を経営している。社員はパート含め82人、2021年8月期の売上高は3億9千万円。
_くまもと経済 業界NAVI_:2022年3月2日発行 No.489

関連記事

powered by weblio



「くまもと経済」は昭和46年の創刊以来、『熊本』に密着した独自の特集記事や企業ニュース、人物 インタビューなど、毎号200以上の企業・団体の発展的な経済情報を掲載。業界や特定企業の動向を知る情報源として、また、事業展開のための情報・資料として、熊本のビジネスシーンで広く活用されています。

定価:1,892円/年間購読:19,000円

購読のお申込みはこちらから