トップ 経済ニュース
経済ニュースEconomic News
熊本に特化した転職支援サービス、求人情報 | リージョナルキャリア熊本

代表理事に竹田浩一ムーンムーン社長・・・・熊本創生企業家ネットワーク

 熊本地震からの創造的復興に向けて経営を学ぶ(一社)熊本創生企業家ネットワーク(事務局・熊本市中央区神水1丁目)の代表理事に、1月1日付で竹田浩一副理事長(ムーンムーン且ミ長)が就任した。本郷秀之代表理事(スターティアホールディングス且ミ長)はファウンダー(創設者)理事となった。
 竹田浩一(たけだ・こういち)代表理事は熊本市出身。1982年5月31日生まれ、39歳。熊本工業高校―九州ルーテル学院大学卒。大学在学時にインターネットを使ったコンテンツ企画、販売ビジネスを手掛け、2011年に睡眠グッズ販売のムーンムーン鰍設立し、社長に就任。18年の同ネットワーク設立時から副代表理事を務めてきた。趣味はサッカー、スニーカー収集。
 今回の代表交代について本郷社長は「ネットワーク設立から4期目に入り、会員企業が70社を超え、徐々に知名度も向上してきたと実感している。熊本に本社を置く企業が集まる団体のため、代表は地場企業の経営者が務める必要があると感じた」と説明。竹田代表理事は「会員企業100社、各社10人の雇用、各社1億円の利益増を目指す当ネットワークの目標『100―10―1プロジェクト』の達成に向けて注力したい」と抱負を述べた。同ネットワークの役員は以下の通り。
 ▼代表理事 竹田浩一(ムーンムーン且ミ長)▼ファウンダー理事 本郷秀之(スターティアホールディングス且ミ長)▼副代表理事 田邉陽介(滑ツ境と開発社長)▼理事 倉崎好太郎(Rita Group代表)、塚本薫(潟Gージェントこころ社長)、山下謙治(社労士事務所プロセスコア代表)、金子祐徳(アミッグセカンド代表)、澤村友里(ベトナムトレーディング且ミ長)、倉岡和徳(椛q岡紙工社長)、中山善晴(潟純Cズ・リーディング社長)、佐藤憲史郎(乳菓子屋且ミ長)▼監事 垂見和子(潟lイチャー生活倶楽部取締役ファウンダー)
 また、同日付で後方支援として平野洋一郎(アステリア且ミ長)、瀬口力(Lib Work且ミ長)、原田正文(Mマーケティング且ミ長)、小池敏弘(潟Tイバーセキュリティクラウド社長)の4氏が特別会員となっている。
_くまもと経済 業界NAVI_:2022年3月30日発行 No.490

関連記事

powered by weblio



「くまもと経済」は昭和46年の創刊以来、『熊本』に密着した独自の特集記事や企業ニュース、人物 インタビューなど、毎号200以上の企業・団体の発展的な経済情報を掲載。業界や特定企業の動向を知る情報源として、また、事業展開のための情報・資料として、熊本のビジネスシーンで広く活用されています。

定価:1,892円/年間購読:19,000円

購読のお申込みはこちらから