トップ 経済ニュース
経済ニュースEconomic News
熊本に特化した転職支援サービス、求人情報 | リージョナルキャリア熊本

ダイレックス2店に青果直営店
 藤本物産 各店で年商1億2千万円見込む

青果物卸の鞄。本物産(熊本市西区田崎町、藤本泰弘社長)は3月、ディスカウントストア「ダイレックス」の2店に青果物を販売する直営店をオープンした。
5日にオープンしたのが久留米市のダイレックス三潴(みずま)店、14日が宇城市松橋町の同松橋店。両店とも店舗面積は約100uで青果物300アイテムを取り扱う標準型店舗。各店とも年商1億2千万円を見込む。今回の出店で直営店は17店舗体制となった。
藤本社長は「当社で取り扱う商品のアンテナショップと位置付け、販売を強化していきたい」と話している。
同社は1948(昭和23)年創業で62年設立。グループ企業に農産物生産の潟tレッシュダイレクト、物流業の潟Pイ・エフ物流、加工・パッケージングの潟tレッシュ工房があり、2013年5月期のグループ年商は143億円。 (大島)
週刊経済:2014年4月1日発行 No.1767

関連記事

powered by weblio



「くまもと経済」は昭和46年の創刊以来、『熊本』に密着した独自の特集記事や企業ニュース、人物 インタビューなど、毎号200以上の企業・団体の発展的な経済情報を掲載。業界や特定企業の動向を知る情報源として、また、事業展開のための情報・資料として、熊本のビジネスシーンで広く活用されています。

定価:1,892円/年間購読:19,000円

購読のお申込みはこちらから