トップ 経済ニュース
経済ニュースEconomic News
熊本に特化した転職支援サービス、求人情報 | リージョナルキャリア熊本

専務に古荘貴敏常務が昇格
 古荘本店 常務に斎藤博司取締役

 繊維卸小売、建築関連、通信・OA機器販売の褐テ荘本店(熊本市古川町、古荘善啓社長)の専務に古荘貴敏常務、常務に斎藤博司取締役がそれぞれ昇格した。
 古荘貴敏専務取締役は1977(昭和52)年8月19日生まれ、37歳。熊本市出身。熊本高校―慶應義塾大学法学部卒。2000年富士ゼロックス入社(東京支社法人営業担当)、05年5月古荘本店入社、社長室長、06年5月取締役社長室長、11年4月常務取締役を経て今年3月から現職。経営全般を担当。熊本日産自動車且謦役、褐F本ホテルキャッスル取締役で、古荘社長の長男。
 斎藤博司常務取締役は1953(昭和28)年8月29日生まれ、61歳。宇城市出身。熊本学園大学経済学部卒。76年4月古荘本店入社、95年4月商品部部長、2001年5月取締役を経て今年3月から現職。同社の役員は次の通り。
 ▼代表取締役社長 古荘善啓▼専務取締役 古荘貴敏▼常務取締役 斉藤博司▼取締役 中島一幸、田崎博海、軸屋和弘▼監査役 古荘雅教


 売上高74億円、経常1億100万円で増収減益

 同社の今年2月期決算は、売上高が前年比2・7%増の74億2200万円、経常利益が同11・7%減の1億100万円で増収減益となった。
衣料品の新店効果とIT、ファシリティなどの法人営業が好調だったことにより増収となったものの、消費増税や天候不順により衣料品関連が伸び悩み減益となった。(安田)
週刊経済:2015年4月28日発行 No.1822

関連記事

powered by weblio



「くまもと経済」は昭和46年の創刊以来、『熊本』に密着した独自の特集記事や企業ニュース、人物 インタビューなど、毎号200以上の企業・団体の発展的な経済情報を掲載。業界や特定企業の動向を知る情報源として、また、事業展開のための情報・資料として、熊本のビジネスシーンで広く活用されています。

定価:1,892円/年間購読:19,000円

購読のお申込みはこちらから