トップ 経済ニュース
経済ニュースEconomic News
熊本に特化した転職支援サービス、求人情報 | リージョナルキャリア熊本

農水省公務員宿舎の解体工事を受注
 前田産業 金額3億5千万円で

解体工事業の椛O田産業(熊本市南区島町、木村洋一郎社長)は、東京都港区南青山にある農林水産省公務員宿舎(独身寮)の解体撤去工事を受注した。
受注金額は約3億5千万円。一般競争入札の一つで、価格や品質、財務内容など30項目から落札業者を決める「総合評価方式」で受注した。同宿舎は築41年の建物で、敷地面積3211u、4階建て2棟・平屋1棟で、総延べ床面積は5553u。6月に着工し、工期は来年3月25日まで。解体撤去後、同宿舎跡地は民間に売却されるという。
木村社長は「当社の技術力や会社内容が総合評価され、競合相手である大手ゼネコンとの競争入札で受注できたことは大変うれしい。関東圏では年間10億円の売り上げがあるが、今回の大型受注で、さらなる業容拡大に弾みをつけたい」と話している。
同社は1974年設立、社員数は150人。今期年商は前期の49億円に対し55億円を見込む。(大島)
週刊経済:2015年5月19日発行 No.1824

関連記事

powered by weblio



「くまもと経済」は昭和46年の創刊以来、『熊本』に密着した独自の特集記事や企業ニュース、人物 インタビューなど、毎号200以上の企業・団体の発展的な経済情報を掲載。業界や特定企業の動向を知る情報源として、また、事業展開のための情報・資料として、熊本のビジネスシーンで広く活用されています。

定価:1,892円/年間購読:19,000円

購読のお申込みはこちらから