トップ 経済ニュース
経済ニュースEconomic News
熊本に特化した転職支援サービス、求人情報 | リージョナルキャリア熊本

関連会社と併せて総額4億円の私募債を発行
 熊本大同青果と大同リース

熊本大同青果梶i熊本市西区田崎町、月田求仁敬社長)と関連会社の椛蜩ッリース(同)は9月25日、それぞれ2億円の銀行保証付き私募債を発行した。
熊本大同青果は発行額2億円の無担保社債で、償還期間2年間。熊本銀行が全額引き受け、保証も同行が行う。調達資金は事業の多角化に充てる。大同リースは発行額2億円の無担保社債で、償還期間5年間。引き受けと保証金融機関は肥後銀行。調達資金は事業拡大に充てる予定。
熊本大同青果は1948年創業、61年設立、資本金は3千万円。青果物卸売業で、熊本県内でトップの売上高を誇る。熊本地方卸売市場の開設事業者。大同リースは1992年に設立、資本金は1千万円。リース・割賦・ファイナンス・不動産賃貸仲介事業などを行っている。
今回の私募債に発行について月田社長は「大同青果では3年以内に売上高300億円の達成を目標に掲げており、新事業の本格展開を行いたい」と話し、月田潔孝副社長は「大同リースについては、事業拡大を推進し、3年以内に県内トップのノンバンクを目指し地域経済の活性化に貢献したい」と意欲を見せた。
_くまもと経済 業界NAVI_:2015年11月30日発行 No.414

関連記事

powered by weblio



「くまもと経済」は昭和46年の創刊以来、『熊本』に密着した独自の特集記事や企業ニュース、人物 インタビューなど、毎号200以上の企業・団体の発展的な経済情報を掲載。業界や特定企業の動向を知る情報源として、また、事業展開のための情報・資料として、熊本のビジネスシーンで広く活用されています。

定価:1,892円/年間購読:19,000円

購読のお申込みはこちらから