エムロード" /> エムロード / くまもと経済" />
トップ 経済ニュース
経済ニュースEconomic News
熊本に特化した転職支援サービス、求人情報 | リージョナルキャリア熊本

近見6丁目に中古車販売の1号店
 エムロード

 石油製品類販売のエムロード(熊本市中央区本山4丁目、三角清一社長)は2月1日、同市南区近見6丁目に熊本県内1号店となる中古車販売店「カーリンク熊本南店」をオープンした。
 同店は潟Jービジネス研究所(本社・東京都千代田区内神田1丁目、堀越勝格社長)が「愛車広場カーリンク」の名称で全国に50店舗を展開する中古車委託販売のFC店舗で、熊本県内1号店をエムロードが運営する。
 場所は国道3号沿いの木崎コスモ南側。「雑貨屋ブルドック近見店」跡地。敷地面積は約990u、建物は平屋建て、床面積は363u。建物などを全面リニューアルし、店内には相談コーナーと8台分の展示場を設けた、店舗外には20台分の展示スペースを確保している。スタッフは岩口敏行店長含め6人。営業時間は午前9時〜午後7時まで、定休日は毎週火曜日。販売台数は年間約500台を見込んでいる。
 一般的な中古車流通は、売却者の車が次の購入者にわたるまで、平均3、4社の業者が関わるといわれるが、「カーリンク」の中古車委託販売は多数の業者を通さず、自店で査定や買取、販売、購入などを行い次の購入者に直接販売するため、手数料がほとんどかからず買取価格も基準値より高くなり、販売価格は基準値より安く設定できるという。さらにメンテナンスなどのアフターフォローも行う。
 エムロードは石油製品販売を中心に、車検・整備・保険・レンタカー、オートリース事業など、従来から新車・中古車販売、買取・板金塗装などの事業を行ってきた。直営店舗数はエネオスのサービスステーション「Dr Drive」の名称で熊本県下に18店舗を展開、県下業界最大手。
 三角社長は「中古車の買取・販売については従来から取り組んできたが、独自の店舗としては初めてとなる。今回の店舗は既存の中古車販売店とは一線を画した専門店舗で、販売希望者、購入希望者にとって、より意に沿うことができる。さらに直営のサービスステーションを中心に、取り引きしているサービスステーションなどからの情報も集約し、効率化が図れる。もちろん中古車のみならず新車販売も取り扱うのでぜひ一度来店してもらいたい」と話している。
_くまもと経済 業界NAVI_:2016年3月31日発行 No.418

関連記事

powered by weblio



「くまもと経済」は昭和46年の創刊以来、『熊本』に密着した独自の特集記事や企業ニュース、人物 インタビューなど、毎号200以上の企業・団体の発展的な経済情報を掲載。業界や特定企業の動向を知る情報源として、また、事業展開のための情報・資料として、熊本のビジネスシーンで広く活用されています。

定価:1,892円/年間購読:19,000円

購読のお申込みはこちらから