エコファクトリー 宇土市民体育館での採用事例
" /> エコファクトリー 宇土市民体育館での採用事例
/ くまもと経済" />
トップ 経済ニュース
経済ニュースEconomic News
熊本に特化した転職支援サービス、求人情報 | リージョナルキャリア熊本

2014度省エネ大賞を受賞
 エコファクトリー 宇土市民体育館での採用事例

 環境機器製造のエコファクトリー(熊本市中央区水前寺2丁目、村上尊宣社長)は、2014年度省エネ大賞を受賞した。
 省エネ大賞は、優れた省エネ活動事例や技術開発などによる先進型省エネルギー製品等を表彰し、省エネルギー意識の浸透、省エネルギー製品の普及促進などへの寄与を目的とするもの。主催は一般財団法人省エネルギーセンター。同社が製造する輻射式冷暖房システム「エコウィン」の宇土市民体育館での採用事例が、2014年度省エネ大賞の省エネ事例部門・審査委員会特別賞を受賞した。宇土市、泣Aール設備企画との共同申請での受賞。
 村上社長は「宇土市民体育館は、一昨年8月の大改修に伴いLED照明と共にエコウィンを導入。他の同規模施設と比較し、ランニングコストを14分の1、二酸化炭素排出量を12分の1に削減した成果が受賞につながった。今後も多くの地域の方にエコウィンを知っていただき、地球温暖化抑制や経済の活性化に大きく貢献していきたい」と話している。(藺牟田)
週刊経済:2015年2月3日発行 No.1810

関連記事

powered by weblio



「くまもと経済」は昭和46年の創刊以来、『熊本』に密着した独自の特集記事や企業ニュース、人物 インタビューなど、毎号200以上の企業・団体の発展的な経済情報を掲載。業界や特定企業の動向を知る情報源として、また、事業展開のための情報・資料として、熊本のビジネスシーンで広く活用されています。

定価:1,892円/年間購読:19,000円

購読のお申込みはこちらから