クロスフィールズ人財研究所
" /> クロスフィールズ人財研究所
/ くまもと経済" />
トップ 経済ニュース
経済ニュースEconomic News
熊本に特化した転職支援サービス、求人情報 | リージョナルキャリア熊本

社労士経営研究会の情報発信大賞を受賞
 クロスフィールズ人財研究所

社会保険労務士事務所クロスフィールズ人財研究所(熊本市南区近見8丁目)の三浦修代表は12月6日、東京都の品川プリンスホテルで開かれた椛D井総研主催の社労士事務所経営研究会総会・表彰式で、情報発信大賞を受賞した。
同表彰式はその年一番輝いていた社労士を会員メンバーが相互に評価し表彰するもので、今年度は約140人の会員の中から年間MVP大賞や情報発信大賞などが選ばれた。情報発信大賞は他の会員に対し、有益な情報を発信し続ける社労士に贈られており、三浦代表は早期からマイナンバー制度の重要性について周知を広めたことが評価された。
同事務所は昨年2月からマイナンバーに関するセミナーを始め、月に1度のペースで定期開催。三浦代表は全国の勉強会やセミナーで講師として招かれ、同業種に対しても最新情報や顧問先企業へのマイナンバー対応、管理方法などを解説した。現在まで延べ4千人を超える参加者に講演している。
三浦代表は「マイナンバー制度に関しては社労士が企業アドバイザーとして絶対に取り組むべき案件だと感じ、早期から研究や準備を始めた。昨年は普及に努めたが、今年からはサービス提供に力を入れ、運用開始に伴い起こる様々な問題点に対してもしっかりと対応していきたい」と話している。
_くまもと経済 業界NAVI_:2016年3月2日発行 No.417

関連記事

powered by weblio



「くまもと経済」は昭和46年の創刊以来、『熊本』に密着した独自の特集記事や企業ニュース、人物 インタビューなど、毎号200以上の企業・団体の発展的な経済情報を掲載。業界や特定企業の動向を知る情報源として、また、事業展開のための情報・資料として、熊本のビジネスシーンで広く活用されています。

定価:1,892円/年間購読:19,000円

購読のお申込みはこちらから