ジョー・スマイル" /> ジョー・スマイル / くまもと経済" />
トップ 経済ニュース
経済ニュースEconomic News
熊本に特化した転職支援サービス、求人情報 | リージョナルキャリア熊本

花畑町に魚料理と炉端焼きを中心とした飲食店
 ジョー・スマイル

 飲食店経営および飲食コンサルティングのジョー・スマイル(熊本市中央区下通1丁目、前川浩幸社長)は6月26日、同市中央区花畑町の居酒屋「村一番銀杏店」を業態変更し、魚料理と炉端焼きを中心とした飲食店「肥後の海賊前川水軍」をオープンした。
 場所は通称銀杏通り沿いの熊本グリーンホテル1階。店舗面積は264u。店内に入ると中央に炉端と厨房(ちゅうぼう)、魚のショーケースを置き、それを囲むようにテーブル席を配置。総席数は120席で、掘りごたつ式の座敷、テーブル席もある。メニューはマグロのぶつ切りや特製トロ箱に盛った刺身の盛り合わせなど魚料理が中心で、店内では定期的にマグロの解体ショーなども行う。また、威勢のいい掛け声と共に山盛りのイクラをご飯にかけるイクラ丼や北海道直送のホッケやシシャモなどの炉端焼き、八代産のハマグリなど近海ものの魚介類も豊富に取り揃えている。焼酎などの飲み物もすべてジョッキで提供し、飲料を含む客単価は3千円程度を見込んでいる。営業時間は午後4時〜翌午前2時まで。スタッフは川島省吾店長以下15人。
 同社では「海賊たちの晩めしをイメージした豪快な魚料理を低料金で提供し、毎日でも来たくなるような、賑やかで勢いのある店にしたい」と話している。
_くまもと経済 業界NAVI_:2015年7月31日発行 No.410

関連記事

powered by weblio



「くまもと経済」は昭和46年の創刊以来、『熊本』に密着した独自の特集記事や企業ニュース、人物 インタビューなど、毎号200以上の企業・団体の発展的な経済情報を掲載。業界や特定企業の動向を知る情報源として、また、事業展開のための情報・資料として、熊本のビジネスシーンで広く活用されています。

定価:1,892円/年間購読:19,000円

購読のお申込みはこちらから