ジェイアンドジェイ 既存店活性化図る" /> ジェイアンドジェイ 既存店活性化図る / くまもと経済" />
トップ 経済ニュース
経済ニュースEconomic News
熊本に特化した転職支援サービス、求人情報 | リージョナルキャリア熊本

博多区中洲の居酒屋「魚座」を「さかな市場」に
 ジェイアンドジェイ 既存店活性化図る

居酒屋チェーンのジェイアンドジェイ(熊本市春日7丁目、松山勝幸社長)は10月23日、福岡市博多区中洲の居酒屋「魚座」を「さかな市場」としてリニューアルオープンした。
ネームバリューのある「さかな市場」に業態変更し、既存店の活性化を図る。新たな店名は「中洲海鮮さかな市場」。場所は地下鉄中洲川端駅近く、中洲大通り沿いのスプーンビル2階。店舗面積は141u、席数はこれまで同様56席。福岡県産の海産物や野菜を中心にメニューを構成する。平均客単価は3500円程度。営業時間は午後5時から翌午前零時まで、年中無休。スタッフは12人。
同社は現在九州および山口・広島県に約80店舗を展開。さかな市場としては19店舗がある。 (佐藤奈)
週刊経済:2008年10月28日発行 No.1497

関連記事

powered by weblio



「くまもと経済」は昭和46年の創刊以来、『熊本』に密着した独自の特集記事や企業ニュース、人物 インタビューなど、毎号200以上の企業・団体の発展的な経済情報を掲載。業界や特定企業の動向を知る情報源として、また、事業展開のための情報・資料として、熊本のビジネスシーンで広く活用されています。

定価:1,892円/年間購読:19,000円

購読のお申込みはこちらから