ジェイアンドジェイ 福岡にも出店を検討" /> ジェイアンドジェイ 福岡にも出店を検討 / くまもと経済" />
トップ 経済ニュース
経済ニュースEconomic News
熊本に特化した転職支援サービス、求人情報 | リージョナルキャリア熊本

月出8丁目に宅配すし店
 ジェイアンドジェイ 福岡にも出店を検討

居酒屋チェーンのジェイアンドジェイ(熊本市春日7丁目、松山勝幸社長)はこのほど、同市月出8丁目に宅配すし店をオープンした。宅配すし店としては県内3店舗目。
店名は「徳鮨長嶺店」。フロア面積は約60uで、厨房(ちゅうぼう)と包装スペースがあり、いけすを備えている。メニューは1200円(1人前)から1万2950円(5〜6人前)のすしセットのほか、丼物、茶碗蒸しなどのサイドメニュー。単品の盛り合わせにも対応する。営業時間は午前11時から午後10時まで、年中無休。客単価は昼が1千円程度、夜が1200〜1300円程度。初年度売上高は5千万円以上を見込む。スタッフは厨房が8人、宅配が10人程度。
同社では「昨年11月に麻生田店、今年春に田崎店をオープンしており、この長嶺店出店で熊本市内をカバーできる体制になった。十徳ややさかな市場などを展開する当社の経営資源を生かし、市場直送の新鮮な食材を使ったすしを安価で提供する。今期中に福岡への出店も検討している」と話している。 (佐藤奈)
週刊経済:2007年10月2日発行 No.1444

関連記事

powered by weblio



「くまもと経済」は昭和46年の創刊以来、『熊本』に密着した独自の特集記事や企業ニュース、人物 インタビューなど、毎号200以上の企業・団体の発展的な経済情報を掲載。業界や特定企業の動向を知る情報源として、また、事業展開のための情報・資料として、熊本のビジネスシーンで広く活用されています。

定価:1,892円/年間購読:19,000円

購読のお申込みはこちらから