トヨタレンタリース熊本 與縄董社長は代取会長" /> トヨタレンタリース熊本 與縄董社長は代取会長 / くまもと経済" />
トップ 経済ニュース
経済ニュースEconomic News
熊本に特化した転職支援サービス、求人情報 | リージョナルキャリア熊本

社長に甲斐原琢也副社長が昇格
 トヨタレンタリース熊本 與縄董社長は代取会長

熊本市東区御領2丁目のトヨタレンタリース熊本の社長に6月1日付けで甲斐原琢也副社長が昇格した。與縄董社長は代表取締役会長に就いた。また常務取締役に川野寛治取締役が昇格した。
甲斐原琢也(かいばら・たくや)氏は嘉島町出身、東海大二高卒、68歳。1968年同社入社。92年取締役就任、常務を経て2006年専務。12年副社長。趣味はゴルフ。
川野寛治(かわの・かんじ)氏は嘉島町出身、1950年6月生まれの64歳。熊本商科大学商学部中退、74年4月同社入社、東バイパス営業所所長、営業部リース担当部長などを経て2008年取締役。
同社の役員は以下の通り。
▼会長 與縄董▼社長 甲斐原琢也▼常務取締役 宮崎博久、川野寛治▼非常勤取締役 梅ア輝也、齋藤直信、井上雄一朗
 
売上高は3・3%増の39億4578万円

同社の2014年3月期決算は、売上高が対前年比3・3%増の39億4578万円、経常利益は同1・5%増の4億4380万円で増収増益となった。
増収は4期連続で、増益も3期連続となった。レンタカー事業では、熊本駅前店の売り上げが好調だったことやリース契約の車両増によるもの。当期利益は、12・4%増の2億6993万円。15年3月期は、レンタカー事業での県内外のレジャー、ビジネス需要への対応とカーリース事業でのアクア、プリウスなど環境車の増販で、増収増益を目指す。
同社の保有台数(2014年3月現在)は、カーリース4063台と初めて4千台を突破。レンタカーは1712台と合計5575台になった。 (桜木)
週刊経済:2014年6月17日発行 No.1778

関連記事

powered by weblio



「くまもと経済」は昭和46年の創刊以来、『熊本』に密着した独自の特集記事や企業ニュース、人物 インタビューなど、毎号200以上の企業・団体の発展的な経済情報を掲載。業界や特定企業の動向を知る情報源として、また、事業展開のための情報・資料として、熊本のビジネスシーンで広く活用されています。

定価:1,892円/年間購読:19,000円

購読のお申込みはこちらから