トヨタレンタリース熊本 10月1日から" /> トヨタレンタリース熊本 10月1日から / くまもと経済" />
トップ 経済ニュース
経済ニュースEconomic News
熊本に特化した転職支援サービス、求人情報 | リージョナルキャリア熊本

プリウスプラグインハイブリッドカーを2台導入
 トヨタレンタリース熊本 10月1日から

レンタカー、カーリース事業のトヨタレンタリース熊本(熊本市東区御領2丁目、與縄董社長)は、10月1日からからプリウスプラグインハイブリッドカー(PHV)を2台導入した。
「レンタカーユーザーにプリウスのPHVの試乗も兼ねて利用してもらいたい」(同社)として導入したもの。PHVは、EV(電気自動車)とHV(ハイブリッドカー)の両機能を併せ持つ車で、電池切れの不安を抱くことなくEV走行を楽しめ、ハイブリッドカー同様にどこまでも自由に走れるなどの特徴があるという。プリウスPHVのEV走行距離は26・4km(JC08モード)で、高速走行では時速100kmまで走行可能。乗車定員は5人で、排気量は1800CC。時間料金は、12時間までで1万3650円、24時間までで1万7325円など。
同社では、「人気のプリウスのPHVは、充電の心配もなくロングドライブが楽しめる。CO2の排出量も少なく、環境にやさしい自動車なので、ぜひご利用していただきたい」と話している。 (桜木)
週刊経済:2012年10月30日発行 No.1696

関連記事

powered by weblio



「くまもと経済」は昭和46年の創刊以来、『熊本』に密着した独自の特集記事や企業ニュース、人物 インタビューなど、毎号200以上の企業・団体の発展的な経済情報を掲載。業界や特定企業の動向を知る情報源として、また、事業展開のための情報・資料として、熊本のビジネスシーンで広く活用されています。

定価:1,892円/年間購読:19,000円

購読のお申込みはこちらから