ハウディ" /> ハウディ / くまもと経済" />
トップ 経済ニュース
経済ニュースEconomic News
熊本に特化した転職支援サービス、求人情報 | リージョナルキャリア熊本

子会社の大分食品、新社屋が完成・・・・ハウディ

 業務用食品卸ハウディ(熊本市南区流通団地1丁目、富永哲生社長)の子会社・ハウディ大分食品梶i城透社長)が、大分市大分流通業務団地2丁目に建設していた新社屋が2月末、完成した。3月13日から業務を始めた。
 旧社屋(大分市大道町)が手狭になったため新築移転したもので、以前の5倍にあたる敷地9019uを大分流通業務団地内に取得し、鉄骨造り2階建て、延べ床面積3210uの事務所と物流センターを建設した。総事業費は10億円。
 3月24日には現地で新社屋の見学会を行い、大分市田室町のレンブラントホテル大分で落成祝賀会を開催した。祝賀会には関係者174人が出席、城社長が「高速インターに近い立地を生かし、効率的な物流体制を構築しながら当面は年商30億円の突破を目指す」とあいさつした。
 ハウディ大分食品は19大分流通業務団地内に完成した新社屋。以前の5倍にあたる敷地9019uを確保した67年設立、社員数は22人。2016年6月期の売上高は8億7600万円。2014年7月にハウディの子会社になり、昨年7月1日付で大分食品物産鰍ゥら現社名に変更した。
_くまもと経済 業界NAVI_:2017年5月30日発行 No.432

関連記事

powered by weblio



「くまもと経済」は昭和46年の創刊以来、『熊本』に密着した独自の特集記事や企業ニュース、人物 インタビューなど、毎号200以上の企業・団体の発展的な経済情報を掲載。業界や特定企業の動向を知る情報源として、また、事業展開のための情報・資料として、熊本のビジネスシーンで広く活用されています。

定価:1,892円/年間購読:19,000円

購読のお申込みはこちらから