ヒライ 6月1日付で" /> ヒライ 6月1日付で / くまもと経済" />
トップ 経済ニュース
経済ニュースEconomic News
熊本に特化した転職支援サービス、求人情報 | リージョナルキャリア熊本

持ち株会社制に移行し社名変更
 ヒライ 6月1日付で

弁当・総菜製造販売のヒライ(熊本市春日7丁目、平井浩一郎社長)は、6月1日付でヒライホールディングス(同)に社名変更し、持ち株会社制に移行する。
合わせて新設会社として資本金5千万円で、営業・製造部門を担当するヒライ(同)を新たに設立。新会社のほか、100%出資子会社で容器の仕入れなどを行っているヒライパッケージ(同)、配送、倉庫管理の泣Tン・トップ運輸(同、社長=花岡進一郎社長ヒライ専務)の3社が持ち株会社の下で各業務を担当する。
同社は「将来的なM&Aによる業務拡張などを視野に、持ち株会社制への移行を決めた。各部門にコスト意識を持たせ、業務の効率化を目指す」と話している。
同社は1968(昭和43)年5月設立、資本金は2億7330万円。熊本、福岡、大分、佐賀、鹿児島各県に弁当・総菜店約100店舗を展開している。売上高は約113億円(08年3月期)。

CGCグループに加盟、PB商品を販売

また、同社は5月中にも商品の共同仕入れ・開発組織の「CGCグループ」に加盟、各店舗で同グループのPB商品の販売を始める。
当面は、菓子・カップめん・飲料などの同グループPB商品を取り扱う。コスト面などを考慮しながら、魚や肉などの食材でも利用を検討する。CGCグループは全国の中小スーパーなど225社が加盟。グループ全体での店舗数約3500店舗、売上総額約4兆円の共同仕入れ・開発組織。食料品を中心に、生鮮品から生活雑貨まで約1500品目のPB商品を展開している。
同社は「ナショナルブランドの商品もPBとして、低コストで仕入れができる。お客さまに喜んでいただけるよう、手ごろな価格での商品を充実させたい」と話している。 (柳川)
週刊経済:2009年5月12日発行 No.1523

関連記事

powered by weblio



「くまもと経済」は昭和46年の創刊以来、『熊本』に密着した独自の特集記事や企業ニュース、人物 インタビューなど、毎号200以上の企業・団体の発展的な経済情報を掲載。業界や特定企業の動向を知る情報源として、また、事業展開のための情報・資料として、熊本のビジネスシーンで広く活用されています。

定価:1,892円/年間購読:19,000円

購読のお申込みはこちらから