ヒライ 15店舗で先行導入" /> ヒライ 15店舗で先行導入 / くまもと経済" />
トップ 経済ニュース
経済ニュースEconomic News
熊本に特化した転職支援サービス、求人情報 | リージョナルキャリア熊本

油分分離装置を用いた排水処理システムを導入
 ヒライ 15店舗で先行導入

弁当・総菜製造販売のヒライ(熊本市春日7丁目、平井浩一郎社長)は、各店舗で油分分離装置を用いた排水処理システムの導入を進めている。
新システムは、グリストラップと呼ばれる油溜め槽に流される排水に混じる油を効率的に回収するもの。回転式の油分分離装置を使い、排水から油分のみを分離。専門の業者が回収した油は肥料として再利用する。11月中に同社福岡工場(福岡県筑後市)のほか15店舗ほどに先行導入し、将来的には全店舗導入を目指す。
同社は「新システムにより、環境に対する負荷を軽減し衛生面での改善を図ることができる。全店舗へのシステム導入を進めたい」と話している。 (柳川)
週刊経済:2007年11月27日発行 No.1452

関連記事

powered by weblio



「くまもと経済」は昭和46年の創刊以来、『熊本』に密着した独自の特集記事や企業ニュース、人物 インタビューなど、毎号200以上の企業・団体の発展的な経済情報を掲載。業界や特定企業の動向を知る情報源として、また、事業展開のための情報・資料として、熊本のビジネスシーンで広く活用されています。

定価:1,892円/年間購読:19,000円

購読のお申込みはこちらから