ヒライ 「元気ダイニング」の屋号で店舗展開" /> ヒライ 「元気ダイニング」の屋号で店舗展開 / くまもと経済" />
トップ 経済ニュース
経済ニュースEconomic News
熊本に特化した転職支援サービス、求人情報 | リージョナルキャリア熊本

都市型店舗のモデル店として帯山店をリニューアル
 ヒライ 「元気ダイニング」の屋号で店舗展開

弁当製造販売のヒライ(熊本市春日7丁目、平井浩一郎社長)はこのほど、帯山店を「元気ダイニング・ヒライ店」にリニューアルオープンした。
「食べて健康、食べて元気」をコンセプトにリニューアルした。飲料、菓子類などの商品数を大幅に減らし、店内にゆとりを持たせたほか、総菜は健康志向を意識したメニューを増やしており、種類は従来型店舗の2倍以上。また、従来からあるイートインスペースも拡充した。帯山店は敷地面積約198u、鉄骨平屋建て、フロア面積は約75u。イートーンスペースの座席数は28席。同店を都市型店舗のモデル店と位置づけており、立地状況などにより「元気ダイニング」の屋号で新規出店、既存店舗のリニューアルを進めていく方針。
同社は「3年前に都市型店舗の実験店として武蔵ケ丘店を「元気もりもりダイニング」の屋号でリニューアルした。12月には、現在改装中の東町店を「元気ダイニング」2号店としてリニューアルの予定。新形態の店舗として展開していきたい」と話している。 (柳川)

週刊経済:2006年11月21日発行 No.1402

関連記事

powered by weblio



「くまもと経済」は昭和46年の創刊以来、『熊本』に密着した独自の特集記事や企業ニュース、人物 インタビューなど、毎号200以上の企業・団体の発展的な経済情報を掲載。業界や特定企業の動向を知る情報源として、また、事業展開のための情報・資料として、熊本のビジネスシーンで広く活用されています。

定価:1,892円/年間購読:19,000円

購読のお申込みはこちらから