ヒライ 飲食コーナー「どん丼食堂」も出店" /> ヒライ 飲食コーナー「どん丼食堂」も出店 / くまもと経済" />
トップ 経済ニュース
経済ニュースEconomic News
熊本に特化した転職支援サービス、求人情報 | リージョナルキャリア熊本

「ビッグミカエル玉名店」内にテナント店出店
 ヒライ 飲食コーナー「どん丼食堂」も出店

弁当・総菜製造販売のヒライ(熊本市春日7丁目、平井浩一郎社長)は5月19日にオープンした「ビッグミカエル玉名店」(玉名市亀甲)内にテナント店を出店した。
売場内の総菜コーナーをテナント店「お弁当のヒライ・ミカエル玉名店」として運営するほか、店内飲食がメーンの「どん丼食堂」も出店した。総菜コーナーでは弁当、総菜、すし、焼鳥、まんじゅうなどを販売。広さはバックヤードの調理スペースを合わせて約43u。「どん丼食堂」は定食や丼物などを提供、広さは調理スペース約33uと、他店舗と共有の飲食スペース約83u。席数は38席。営業時間はテナント店が午前9時30分から午後9時30分まで、食堂が同8時まで。両店のスタッフ数は20人。「ビッグミカエル玉名店」は撤退したジャスコ玉名店の後継店として、5月19日にリニューアルオープンした。同店は鉄筋コンクリート造り2階建て、延べ床面積は9992u、店舗面積は8500u。駐車場は約1千台収容。
同社は「スーパー内への食堂の出店はマルショク泗水店に続き2店舗目。今後も、顧客からの要望や需要に応じた柔軟な店舗開発を進めたい」と話している。 (柳川)
週刊経済:2011年5月24日発行 No.1623

関連記事

powered by weblio



「くまもと経済」は昭和46年の創刊以来、『熊本』に密着した独自の特集記事や企業ニュース、人物 インタビューなど、毎号200以上の企業・団体の発展的な経済情報を掲載。業界や特定企業の動向を知る情報源として、また、事業展開のための情報・資料として、熊本のビジネスシーンで広く活用されています。

定価:1,892円/年間購読:19,000円

購読のお申込みはこちらから