ベアールートシステム 地方自治体向けに" /> ベアールートシステム 地方自治体向けに / くまもと経済" />
トップ 経済ニュース
経済ニュースEconomic News
熊本に特化した転職支援サービス、求人情報 | リージョナルキャリア熊本

建築確認申請閲覧システムを販売
 ベアールートシステム 地方自治体向けに

ソフトウェア、システム開発のベアールートシステム(熊本市細工町、林田勝也社長)は建築確認申請閲覧システムを開発、10月から販売を始めた。
これは、玉野総合コンサルタント褐F本事務所(熊本市水前寺公園、内西良仁所長)と共同開発したもの。今まで書面で行われてきた建築確認データの管理や運用を、同システムではパソコンの画面上で一括管理することができる。パソコン画面上で地図、建築データ、写真などを一度に表示でき、データ検索もスムーズにできることが特徴。価格は、利用者に合わせたカスタマイズを組むため、システムによって異なる。都市計画基礎調査データを管理する地方自治体などに販売していく。
同社は「お客様にあわせてシステムのカスタマイズを行っていきます。お気軽にお問い合わせください」と話している。 (河津)

週刊経済:2006年11月7日発行 No.1400

関連記事

powered by weblio



「くまもと経済」は昭和46年の創刊以来、『熊本』に密着した独自の特集記事や企業ニュース、人物 インタビューなど、毎号200以上の企業・団体の発展的な経済情報を掲載。業界や特定企業の動向を知る情報源として、また、事業展開のための情報・資料として、熊本のビジネスシーンで広く活用されています。

定価:1,892円/年間購読:19,000円

購読のお申込みはこちらから