ホテルニューオータニ熊本 現代のテイストに" /> ホテルニューオータニ熊本 現代のテイストに / くまもと経済" />
トップ 経済ニュース
経済ニュースEconomic News
熊本に特化した転職支援サービス、求人情報 | リージョナルキャリア熊本

婚礼用ガーデンチャペルをリニューアル
 ホテルニューオータニ熊本 現代のテイストに

ホテルニューオータニ熊本(熊本市春日1丁目、森大介社長)は8月15日、同ホテル5階の婚礼用独立型ガーデンチャペルを改装しリニューアルオープンした。
同チャペルは、1992年の同ホテル開業時に設けたもので、18年経過して老朽化し現代のテイストにそぐわないと判断、リニューアルしたもの。改装後は、側面に縦1・58m、横1・56mのガラス窓を3枚並べたほか、入り口を木の扉からクリアガラス調のものに変更することで、独立型のメリットともいえる外光を多く取り込むことのできる造りに仕上げた。また、天井に梁(はり)を設けることで、テーマである「クラッシックとモダンの融合」を表現したという。そのほか、チャペル外のガーデン部分にはパラソル付きのテーブルセットを並べ、緑の植物を配置することで景観にもこだわり、チャペルからホテルへと続く道筋にはフラワーシャワーで利用するための全天候型アプローチテント付きウッドステージを設けた。同チャペルは鉄筋コンクリート造りで、フロア面積は89・3u。収容人数は70人。
チャペルのリニューアルに併せ、同ホテル3階のメーンバンケット「鳳凰」(収容人数400人)をはじめとした5会場の壁紙を張り替えた。リニューアルのための事業費は約2千万円。今回の改装すべてを、潟nウスオブトゥモロー一級建築士事務所(東京都品川区北品川、安齋哲社長)が監修している。 (菊池)
週刊経済:2010年8月17日発行 No.1586

関連記事

powered by weblio



「くまもと経済」は昭和46年の創刊以来、『熊本』に密着した独自の特集記事や企業ニュース、人物 インタビューなど、毎号200以上の企業・団体の発展的な経済情報を掲載。業界や特定企業の動向を知る情報源として、また、事業展開のための情報・資料として、熊本のビジネスシーンで広く活用されています。

定価:1,892円/年間購読:19,000円

購読のお申込みはこちらから