ホテルニューオータニ熊本 地産地消をテーマに" /> ホテルニューオータニ熊本 地産地消をテーマに / くまもと経済" />
トップ 経済ニュース
経済ニュースEconomic News
熊本に特化した転職支援サービス、求人情報 | リージョナルキャリア熊本

1階のレストランをビュッフェスタイルに変更
 ホテルニューオータニ熊本 地産地消をテーマに

熊本市春日1丁目のホテルニューオータニ熊本(北村尚武社長)は6月26日、同ホテル1階のレストラン「フォンタナ ディ オータニ」をビュッフェスタイルのレストランに変更し、リニューアルオープンした。
熊本の地産地消をテーマに健康に配慮したメニューを、全時間帯ですべてビュッフェ形式で提供する。1日を3つの時間帯に区切ってサービスを行い、朝食ビュッフェが午前7時から同10時まで、ランチビュッフェが同11時半から午後2時まで、ディナービュッフェが同5時から同9時まで。朝食タイムは、オーダー後に目の前で焼き上げるオムレツのパフォーマンスを目玉とし、料金は1365円。また、ランチはビュッフェメニューにメーンディッシュを組み合わせたコースが1575円、ディナーはビュッフェ&メーンディッシュが3675円。ビュッフェメニューのみ味わうことも可能。そのほか、土日祝日限定で午後2時から同5時までアフタヌーンビュッフェを設けている。
同社では「ホテルならではのメニューを、ビュッフェスタイルでお楽しみいただけるレストランとして新たにスタートした。地元の食材をふんだんに使った豊富なメニューを用意している」と話している。 (菊池)
週刊経済:2009年6月30日発行 No.1530

関連記事

powered by weblio



「くまもと経済」は昭和46年の創刊以来、『熊本』に密着した独自の特集記事や企業ニュース、人物 インタビューなど、毎号200以上の企業・団体の発展的な経済情報を掲載。業界や特定企業の動向を知る情報源として、また、事業展開のための情報・資料として、熊本のビジネスシーンで広く活用されています。

定価:1,892円/年間購読:19,000円

購読のお申込みはこちらから